「沖縄が、また笑われている」 真剣な怒りを無効化、「w」が差別と偏見を助長する

2022/12/16 07:00

 米軍基地の反対運動を本土の人間があざ笑う。そんな風潮がネットを中心に広まり、現実の世界にまで及び始めた。『ネットと愛国』『沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか』などの著書があるジャーナリストの安田浩一さんが、沖縄の人たちが受ける“嘲笑”の実情を3回にわたって報告する。

あわせて読みたい

  • 沖縄二紙が「基地ばかり」を報道する理由 「偏向」批判に抗する記者たち

    沖縄二紙が「基地ばかり」を報道する理由 「偏向」批判に抗する記者たち

    dot.

    6/30

    玉城デニー知事が描く沖縄「自治州的な一国二制度」とは?

    玉城デニー知事が描く沖縄「自治州的な一国二制度」とは?

    AERA

    3/5

  • もし尖閣周辺で武力衝突が始まったら、どっちが勝つ?

    もし尖閣周辺で武力衝突が始まったら、どっちが勝つ?

    週刊朝日

    9/24

    「陰謀論と脅威論が結びつき、沖縄が笑われる」 ジャーナリスト・安田浩一

    「陰謀論と脅威論が結びつき、沖縄が笑われる」 ジャーナリスト・安田浩一

    週刊朝日

    12/31

  • 沖縄の基地反対に暴言を吐き続けてきた 座り込みの背景にある歴史を知り「わたしたち」の国を変えるべき
    筆者の顔写真

    北原みのり

    沖縄の基地反対に暴言を吐き続けてきた 座り込みの背景にある歴史を知り「わたしたち」の国を変えるべき

    dot.

    10/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す