赤ちゃん兄弟猫に悪戦苦闘! 「やる気ない病」と「猫アレルギー」を超えて【50代無職男のミルボラ初体験記(上)】

ねこ

2022/12/14 17:00

 はい、そこのあなた。「猫ボラ」やってみませんか。文字通り、猫にかかわるボランティア。今も各地で、親とはぐれた子猫が腹をすかせて鳴いている。殺処分の日を待つばかりの猫もいる。猫ボラをすればハッピーな気分になれます。やってみた私(54)が言うのだから、間違いありません(笑)。

あわせて読みたい

  • 迫る兄弟猫との別れ 石田ゆり子さんの言葉に激しく共感【50代無職男のミルボラ初体験記(下)】

    迫る兄弟猫との別れ 石田ゆり子さんの言葉に激しく共感【50代無職男のミルボラ初体験記(下)】

    週刊朝日

    12/14

    子猫を拾ったらどう保護すれば? 北原みのりの場合

    子猫を拾ったらどう保護すれば? 北原みのりの場合

    AERA

    11/2

  • 「産まれる!」15歳の女子中学生が立ち会った保護猫の初出産 大切なことは猫が教えてくれた
    筆者の顔写真

    水野マルコ

    「産まれる!」15歳の女子中学生が立ち会った保護猫の初出産 大切なことは猫が教えてくれた

    dot.

    10/23

    【ペット自慢】衰弱した子猫を会社で介抱し…猫アレルギーを吹き飛ばす可愛さ

    【ペット自慢】衰弱した子猫を会社で介抱し…猫アレルギーを吹き飛ばす可愛さ

    週刊朝日

    12/27

  • 【ペットばか】19年勤めた会社を退職 途方に暮れる私を救った猫の「ぽてち」

    【ペットばか】19年勤めた会社を退職 途方に暮れる私を救った猫の「ぽてち」

    週刊朝日

    6/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す