訪問介護「やりがい搾取」制度の見直しを ヘルパーが国を提訴した深刻な事情

2022/10/31 05:30

 訪問介護のヘルパーが人員不足なのは「介護保険制度が労働基準法を守れる仕組みになっていないから」と、ヘルパー3人が国を提訴した。高齢者の在宅生活を支える訪問介護を「持続可能」とする制度の見直しを求めている。11月1日、東京地裁で判決が出る。医療ジャーナリスト・介護福祉士の福原麻希氏が訴訟に至る経緯に迫った。

あわせて読みたい

  • マスク不足に人材不足も加速か “withコロナ”で困窮する介護の現場

    マスク不足に人材不足も加速か “withコロナ”で困窮する介護の現場

    週刊朝日

    6/14

    「介護大崩壊」コロナで起きた負の連鎖…“倒産”へ、そして“認知症進行”

    「介護大崩壊」コロナで起きた負の連鎖…“倒産”へ、そして“認知症進行”

    週刊朝日

    6/14

  • 上野千鶴子らも危機感 「介護保険の後退」と現場の大きな失望

    上野千鶴子らも危機感 「介護保険の後退」と現場の大きな失望

    週刊朝日

    2/4

    看取り士は最後のワガママを聞いてくれる? 在宅死を考える

    看取り士は最後のワガママを聞いてくれる? 在宅死を考える

    週刊朝日

    1/29

  • 増加する「老老介護」 80歳ヘルパーが現場で頼れる存在に

    増加する「老老介護」 80歳ヘルパーが現場で頼れる存在に

    週刊朝日

    9/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す