「好きなものを少しだけ食べる」が食養生のコツ 帯津医師は「かつ丼」のときめき重視

ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

2022/09/12 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「86年で最高に旨かったもの」。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す