新薬承認で日本市場の魅力が低下 市場規模は2026年「世界4位」に転落の見通し

2022/06/28 06:00

 欧米で開発された新薬が日本に届きにくくなる「ドラッグラグ」(新薬承認の遅れ)への懸念が高まっている。未承認薬の開発を促し、海外企業から日本が魅力的な市場に映る取り組みが必要だ。

あわせて読みたい

  • 欧米新薬が日本に入らない「ドラッグラグ」が拡大 個人負担増の恐れも

    欧米新薬が日本に入らない「ドラッグラグ」が拡大 個人負担増の恐れも

    週刊朝日

    6/27

    山田涼介さんが「週刊朝日」の表紙&カラーグラビアに登場! 「役者としての自分にNGはない」

    山田涼介さんが「週刊朝日」の表紙&カラーグラビアに登場! 「役者としての自分にNGはない」

    6/20

  • コロナ死亡率6分の1に低下報告も アビガン、アクテムラ…「日本発」4つの治療薬

    コロナ死亡率6分の1に低下報告も アビガン、アクテムラ…「日本発」4つの治療薬

    AERA

    5/29

    医者にもらう薬の値段はこうやって決まる

    医者にもらう薬の値段はこうやって決まる

    AERA

    11/3

  • 望まない妊娠と緊急避妊薬 海外で「知らせないのは罪」とまで言われる理由とは?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    望まない妊娠と緊急避妊薬 海外で「知らせないのは罪」とまで言われる理由とは?

    dot.

    6/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す