帯津医師が悔やむ「70代ですべきだったこと」 でも80代で新たな気づきも

ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

2022/03/07 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「70代ですべきだったこと」。

あわせて読みたい

  • よりよく老いるには「70歳が分かれ道」? 帯津医師の見解
    筆者の顔写真

    帯津良一

    よりよく老いるには「70歳が分かれ道」? 帯津医師の見解

    週刊朝日

    12/6

    生きながらに死の世界へ 86歳を迎えた帯津良一医師の境地
    筆者の顔写真

    帯津良一

    生きながらに死の世界へ 86歳を迎えた帯津良一医師の境地

    週刊朝日

    3/14

  • 40年以上の“戦友”の死に帯津医師が「悲しいと思わない」理由
    筆者の顔写真

    帯津良一

    40年以上の“戦友”の死に帯津医師が「悲しいと思わない」理由

    週刊朝日

    9/13

    老後も自分の足で歩く! そのために大切なこととは?
    筆者の顔写真

    帯津良一

    老後も自分の足で歩く! そのために大切なこととは?

    週刊朝日

    7/1

  • “死を覚悟する”コツは? 医師の心に残る「40代で逝った女性の言葉」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    “死を覚悟する”コツは? 医師の心に残る「40代で逝った女性の言葉」

    週刊朝日

    4/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す