市川海老蔵「麻央のことを思い出しながら…」“プペル”新作歌舞伎に親子3人で挑戦

2022/01/15 11:30

 厚い煙で覆われて空が見えない「えんとつ町」。少年ルビッチは「煙の向こうに星がある」という亡き父の言葉を信じ、友達のゴミ人間、プペルとともに星を探しに行く。キングコングの西野亮廣が手がけ、映画化もされた絵本『えんとつ町のプペル』が歌舞伎に生まれ変わった。市川海老蔵が愛娘、愛息子と共演する舞台には、5年前に亡くなった妻の麻央さんへの思いも込められている。

あわせて読みたい

  • 市川海老蔵が困惑した長男・勸玄の「ゲーマーへの夢」

    市川海老蔵が困惑した長男・勸玄の「ゲーマーへの夢」

    週刊朝日

    1/8

    7月の観劇が小林麻央さんの目標 これぞ海老蔵の愛!

    7月の観劇が小林麻央さんの目標 これぞ海老蔵の愛!

    週刊朝日

    6/8

  • 麻央に見せたい…親子共演に見る市川海老蔵の想い

    麻央に見せたい…親子共演に見る市川海老蔵の想い

    週刊朝日

    6/14

    【写真特集】親子・姉弟の絆で挑む新作歌舞伎 プペル出演 市川海老蔵一家 舞台ドキュメント

    【写真特集】親子・姉弟の絆で挑む新作歌舞伎 プペル出演 市川海老蔵一家 舞台ドキュメント

    1/15

  • 寺島しのぶの息子が歌舞伎界、令和の主役に? 「資質は母親以上」の声

    寺島しのぶの息子が歌舞伎界、令和の主役に? 「資質は母親以上」の声

    週刊朝日

    8/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す