三省堂書店が創業140周年 引き継がれるチャレンジ精神の“舞台裏”

2021/12/18 11:00

 2021年、三省堂書店が創業140周年を迎えた。在庫数100万冊以上で、日本中の本好きたちを満足させてきた三省堂書店。書店の新しいあり方やスタイルを提案し続けたその長い歴史と伝統、そして本好きに愛された秘密を解き明かす。

あわせて読みたい

  • 三省堂書店は「大先輩」 東京堂書店・社長「神保町になくてはならない存在」

    三省堂書店は「大先輩」 東京堂書店・社長「神保町になくてはならない存在」

    週刊朝日

    12/19

    世界に名だたる本の街、神田神保町の魅力

    世界に名だたる本の街、神田神保町の魅力

    tenki.jp

    11/27

  • リブロ池袋本店は金食い虫? 元店長が閉店理由を分析

    リブロ池袋本店は金食い虫? 元店長が閉店理由を分析

    週刊朝日

    8/22

    芥川賞・直木賞発表 書店パブリックビューイングに行ってみた

    芥川賞・直木賞発表 書店パブリックビューイングに行ってみた

    BOOKSTAND

    7/18

  • AERAMOOK「星野源 ふたりきりで話そう」、いよいよ明日7月31日に発売!初回限定のポスタープレゼントも決定!全国の書店でインスタント写真のスペシャル展示も実施

    AERAMOOK「星野源 ふたりきりで話そう」、いよいよ明日7月31日に発売!初回限定のポスタープレゼントも決定!全国の書店でインスタント写真のスペシャル展示も実施

    7/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す