炊き出しに並ぶ女子大生の願い「今が大変なんだから、今助けてほしい」

2021/10/28 16:00

何時間も前から列ができ始め、用意された弁当を受け取った
何時間も前から列ができ始め、用意された弁当を受け取った

 やれ「分配」だ「減税」だ、選挙まっただなかで各政党や政治家たちは声高に訴える。でもコロナで困窮する人たちは何を思い、何を望んでいるのか。声を聞いた。

【写真】並んだ人たちに配られたお弁当はこちら

*  *  *

 10月の土曜日の午後、東京・池袋の公園に数百人の行列ができている。折りたたみ椅子持参でスポーツ紙を読む高齢者に交ざって、大きな袋を肩に掛け、スマホをいじりながら並ぶ若者の姿もチラホラ見られる。彼らが待っているのは無料で配られる弁当だ。

「今日はお弁当だけ。先週は弁当のほかにパンとか果物も配られたけど」と説明してくれたのは40代男性。都内の飲食店でアルバイトをしているが、コロナ禍でシフトが3分の1以下になり、2カ月前から家賃が払えずネットカフェや路上で生活し始めた。

「今はランチタイムの3時間だけ、週に3回だけだけど、まだ俺には仕事があるからいいよ。バイトの学生さんはみんなクビさ。少しでもお金を浮かすために、あちこちの炊き出しに並んでる」

 男性の手帳には細かい文字で炊き出しスケジュールが記されていた。

「ここの弁当が一番おいしい。でも早めに来て並ばなきゃならないけどね」。この日は弁当が配られる2時間前から並んだという。

 行列の前方にはオシャレな服を着た若い女性も並んでいた。都内の大学に通う福島出身の女性はコロナ禍で居酒屋のバイトがなくなり、ポスティングのアルバイトで生活費を稼いでいると話す。

「旅館で仲居をしていた母の仕事がなくなってしまったのに、仕送りを増やしてもらうわけにはいかないから、何とか自分で働かないと。でもなかなかバイトも見つからない。節約のため、ここでお弁当を配る日は毎回並ぶようにしているんです。初めて並んだときはちょっと怖かったけど、もう慣れたから全然平気」

 午後4時過ぎ、弁当が配られ始めると列は一気に進んでいく。この女性は弁当を受け取るや否や、猛ダッシュで再び列の最後尾に並んだ。記者も慌てて追いかける。

1 2

あわせて読みたい

  • 3時間歩き食料を得る人も コロナ禍で食料配布の列に並ぶ女性が増加

    3時間歩き食料を得る人も コロナ禍で食料配布の列に並ぶ女性が増加

    AERA

    1/20

    「塾弁」は無理だけど… 働く母はビジネス術で受験に勝つ

    「塾弁」は無理だけど… 働く母はビジネス術で受験に勝つ

    AERA

    3/19

  • カンニング竹山、ただいま89キロ 23歳まで体重58キロが…ダイエット覚醒は?

    カンニング竹山、ただいま89キロ 23歳まで体重58キロが…ダイエット覚醒は?

    dot.

    9/8

    「もうお金がない」「死ねば楽に…」コロナ禍で迫る路上生活の危機 人として最低限の生活とは

    「もうお金がない」「死ねば楽に…」コロナ禍で迫る路上生活の危機 人として最低限の生活とは

    AERA

    12/10

  • コロナ禍で鉄道ファンにムーブメント 駅弁お取り寄せの魅力とは

    コロナ禍で鉄道ファンにムーブメント 駅弁お取り寄せの魅力とは

    AERA

    7/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す