「暗号資産」42億分の1に暴落したケースも 若者のトラブル急増

2021/10/07 07:00

 中国政府が取引などを全面的に禁止すると発表したことで記憶に新しい人も多いだろう。そもそも暗号資産とは何か。投機対象として財産を築いた人もいる一方で、儲かると勧誘されて投資をし、損をした人も若者などに広がっているという。通貨との違いは? 支払い手段となるの? 専門家に聞いた。

あわせて読みたい

  • 仮想通貨「第2次ブーム」到来、20~30代の取引が6割 10万円から始める投資入門

    仮想通貨「第2次ブーム」到来、20~30代の取引が6割 10万円から始める投資入門

    AERA

    5/2

    ビットコインは1年で9倍、仮想通貨投資はギャンブルか

    ビットコインは1年で9倍、仮想通貨投資はギャンブルか

    AERA

    10/7

  • 意外に知られていない ビットコインの「大誤解」を教えます

    意外に知られていない ビットコインの「大誤解」を教えます

    AERA

    3/10

    ビットコインを貸して年利100%も 儲かる仮想通貨版“定期預金”の実態

    ビットコインを貸して年利100%も 儲かる仮想通貨版“定期預金”の実態

    AERA

    7/8

  • ビットコイン暴落 2億円の大損でも想定内?

    ビットコイン暴落 2億円の大損でも想定内?

    週刊朝日

    1/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す