田原総一朗「新総裁最有力の河野氏を絶対に首相にしたくない勢力とは」

ギロン堂

田原総一朗

2021/09/15 07:00

田原総一朗・ジャーナリスト (c)朝日新聞社
田原総一朗・ジャーナリスト (c)朝日新聞社

 ジャーナリストの田原総一朗氏が自民党の総裁選について解説する。

【アンケート結果】テレビを見ていて信用できないと思う人1位は?

*  *  *

イラスト/ウノ・カマキリ
イラスト/ウノ・カマキリ

 菅義偉首相は、まず衆議院を解散し、衆院選に勝つことで総裁選に臨もうと考えていたが、安倍晋三、麻生太郎両氏らの反対で総裁選を先にやらざるを得なくなった。

 前回も記したように、自民党の多くの国会議員たちは、今秋の衆院選で落選するのではないかという強い危機感を抱いている。全国の選挙区で、菅首相の評判が極めて悪いからである。自分が当選するには、何としても菅首相に辞めてほしい、と強く求めていた。

 8月の中旬ごろまでは、安倍前首相も麻生副総理も、菅首相の続投でよいと考えていた。だが、それぞれの派閥の議員たちが、自分たちの当選には菅首相の辞任しかない、と強く求めていることを知って、考えを変えたのである。

 そこで菅首相は、支持率を高めるために、党や内閣の人事に手をつけて、小泉進次郎氏ら、国民の期待が大きい政治家たちを起用しようとしたのだが、いずれの政治家にも断られて、辞任せざるを得なくなったのである。

 菅首相が辞任することになって、岸田文雄氏、高市早苗氏、河野太郎氏、野田聖子氏らが総裁選への出馬を表明、もしくは意欲を示している。

 注目されるのは石破茂氏である。彼は当時の安倍首相に対してもはっきりと反対を表明していて、少なからぬ国民は彼に期待しているはずなのであるが、彼は出馬しないようだ。

 実は、私は2度、彼と電話で話をして出馬を促したのだが、消極的であった。どうやら河野氏を支持するようである。

 岸田氏は、戦後政治史に重厚な足跡を残してきた宏池会のリーダーである。大平正芳、宮沢喜一、加藤紘一らハト派で、貧富の格差を広げないために社会福祉をきちんとやるべきだと主張する反新自由主義路線である。岸田氏も反新自由主義路線を打ち出している。

 だが、安倍氏や麻生氏と心を合わせることに懸命で、国民の多くからはいまひとつ期待できない、と捉えられているようだ。

1 2

あわせて読みたい

  • 河野太郎“電撃出馬”は「3A」に見捨てられた菅首相の逆襲?小泉「隠密説」も

    河野太郎“電撃出馬”は「3A」に見捨てられた菅首相の逆襲?小泉「隠密説」も

    dot.

    9/3

    自民党総裁選のカギは河野太郎氏 出馬なら菅首相、二階幹事長体制は崩壊

    自民党総裁選のカギは河野太郎氏 出馬なら菅首相、二階幹事長体制は崩壊

    dot.

    8/26

  • 河野陣営から“塩対応”、石破氏も不出馬情報でキングメーカー・二階幹事長が迷走

    河野陣営から“塩対応”、石破氏も不出馬情報でキングメーカー・二階幹事長が迷走

    dot.

    9/13

    河野太郎氏が総裁選に出馬で「大本命」に躍り出る 二階派は石破茂氏担いで対抗か?

    河野太郎氏が総裁選に出馬で「大本命」に躍り出る 二階派は石破茂氏担いで対抗か?

    dot.

    9/10

  • 田原総一朗「菅首相退任へ 急転直下の決断は党役員人事難航が原因だ」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「菅首相退任へ 急転直下の決断は党役員人事難航が原因だ」

    週刊朝日

    9/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す