桐谷健太が12年ぶり2度目の舞台へ「“変化”に面白さを感じる」

2021/08/07 11:30

 大規模な労働闘争によるスタッフの窮状を救うべく、黒澤明監督は映画「醉いどれ天使」とほぼ同じキャストで舞台化し巡業した。あの傑作が、さらに登場人物を掘り下げた群像劇として上演される。桐谷健太さんが演じるのは、三船敏郎が演じた戦後の闇市を牛耳る若きヤクザ・松永だ。

あわせて読みたい

  • 桐谷健太「三船敏郎に勝手な親近感。高校のときからギラついていた」

    桐谷健太「三船敏郎に勝手な親近感。高校のときからギラついていた」

    週刊朝日

    8/7

    BEGINと桐谷健太が「海の声」でMステ出演決定、「竜宮城の乙姫様に届くように」

    BEGINと桐谷健太が「海の声」でMステ出演決定、「竜宮城の乙姫様に届くように」

    Billboard JAPAN

    1/14

  • 桐谷健太 大ヒット曲「海の声」収録の自身名義初アルバム『香音-KANON-』リリース決定

    桐谷健太 大ヒット曲「海の声」収録の自身名義初アルバム『香音-KANON-』リリース決定

    Billboard JAPAN

    7/5

    “暑苦しさが魅力”桐谷健太が築いた独自の俳優ポジション

    “暑苦しさが魅力”桐谷健太が築いた独自の俳優ポジション

    dot.

    1/23

  • 桐谷健太 “芸人”に間違われたことも勲章?

    桐谷健太 “芸人”に間違われたことも勲章?

    週刊朝日

    12/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す