「お色気小説で大人の世界を学んだ」 原田マハが語る父の姿

2021/07/31 11:30

「父のことを書きたい」。2005年、最初に書いた小説が第1回日本ラブストーリー大賞を受賞したとき、原田マハさんの頭の中には、これから書く小説のいくつかのプロットが浮かんでいた。当時80代だった原田さんの父は、麻雀や競馬に明け暮れ、若い頃から変わらず家族に迷惑をかけまくっていた。でも、その父がどうしようもなければどうしようもないほど、「そのどうしようもなさも含め、愛すべき存在として文章に残しておきたい」という気持ちが高まった。

あわせて読みたい

  • アートは“生きる証し” 原田マハが語る山田洋次と父が生んだ奇跡

    アートは“生きる証し” 原田マハが語る山田洋次と父が生んだ奇跡

    週刊朝日

    7/31

    RADWIMPS 野田洋次郎、『キネマの神様』で菅田将暉と2度目の共演

    RADWIMPS 野田洋次郎、『キネマの神様』で菅田将暉と2度目の共演

    Billboard JAPAN

    10/22

  • 原田マハの魅力 林真理子も「普通の作家は太刀打ちできない」

    原田マハの魅力 林真理子も「普通の作家は太刀打ちできない」

    週刊朝日

    10/2

    直木賞史上初! 候補者全員女性という出来事からみる「時代の変化」とは?

    直木賞史上初! 候補者全員女性という出来事からみる「時代の変化」とは?

    AERA

    6/26

  • 「未来から来た人」だった? 先を行き過ぎた画家、フェルメール

    「未来から来た人」だった? 先を行き過ぎた画家、フェルメール

    AERA

    11/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す