室井佑月「夏の怪談」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月「夏の怪談」

連載「しがみつく女」

室井佑月週刊朝日#室井佑月
室井佑月・作家

室井佑月・作家

イラスト/小田原ドラゴン

イラスト/小田原ドラゴン

 作家・室井佑月氏は、思わず沈黙してしまった“怪談”体験を明かす。

【この記事のイラストはこちら】

*  *  *
 初対面で、

「室井さんは日本人なんですか? なんで日本が嫌いなんですか? どうして自民党にだけいつも厳しいのですか?」

 といわれた。この発言の中には、いくつも間違いが入っている。

 初対面の人間に人種を問う失礼さはいうまでもないが、あたしは日本が好きであるし、自民党にだけ厳しいわけでもない。民主党が政権与党だったときは、もちろん民主党に批判を向けていた。

 こういう人は誤解している。政府=日本だと。政府を厳しく批判するのは、日本にもっと良くなってもらいたい気持ちがあるから。日本人であるから(もちろん、海外の人もいってもいいのだけど)、日本について問題点を語る。この国の問題を自分たちで解決しようと考えるのは当たり前のことじゃないのか。自民党に対し、厳しいことをいうのは、自民党議員から総理やほとんどの閣僚が出て、この国の舵(かじ)取りをしているからだ。

 たとえば、あたしたちの血税、予算の配分を決めているのは自民党だ。その配分がおかしければ、文句をいってもいいだろう。ここ数年、税金の使われ方は目に余る。お友達企業や利権先への横流し、選挙の買収なんてことにも使われていた。

 初対面で「日本人ですか?」と聞いてきたその人に、いい返したいことは山ほどあったが、その人の次の発言を聞いて、あたしは黙った。

 その人はいった。

「知ってます? 自民党政権じゃないと、この国は天災や大事故、様々な悪いことが起きるんです」

 そこからは根拠のないスピリチュアル系の話になった。ほかにも人がいたので、その人だけと話さなくてよかったのが幸いだった。

 これから衆議院選がある。あたし自身は、不正や権力の私物化、嘘(うそ)や恫喝(どうかつ)が蔓延(まんえん)した薄汚い今の政治を一回、真っ当に戻すべく、政権交代をしたらいいと思う。自民党内で権力の主軸を変えたところで、汚れはきれいに落ちないと思うからだ。スピリチュアル的にいっても、掃除は吉なんじゃなかったっけ?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい