【家つまみ】香ばしくて箸が進む「揚げイワシの木の芽おろし添え」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】香ばしくて箸が進む「揚げイワシの木の芽おろし添え」

連載「家つまみでひとやすみ」

黒田民子週刊朝日#レシピ#黒田民子
揚げイワシの木の芽おろし添え  (撮影/写真部・松永卓也)

揚げイワシの木の芽おろし添え  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】酒と醤油を合わせ、切ったイワシをつけて味を含ませる。(左) 木の芽は包丁で細かくたたくように切ると香りが立つ。 (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】酒と醤油を合わせ、切ったイワシをつけて味を含ませる。(左) 木の芽は包丁で細かくたたくように切ると香りが立つ。 (撮影/写真部・松永卓也)

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「揚げイワシの木の芽おろし添え」。

【作る際のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
 私はサンショウの香りが大好きなんです。庭で育てていたこともありますが、食欲旺盛なアゲハチョウの幼虫に食べ尽くされてしまったことが……(笑)。彼らもおいしい葉っぱをよく知っているのですね。

 脂がのった旬のイワシの揚げ物にさわやかな木の芽おろしを添えたこちらの料理。イワシは開きを用意しましたが、尾頭付きの場合は頭と内臓を取って手開きにし、きれいに洗って中骨を取り除いてください。これを半分に切り、調味料に浸して下味を付けます。ひと手間かけるだけで、魚の臭みもなくなりぐっとおいしさが増します。

 10分ほど経ったら魚の汁気を拭き取り、片栗粉を薄くまぶしてサラダ油で少し色づく程度に揚げます。片栗粉は小麦粉よりも表面がサクッと軽やかに仕上がりますよ。

 木の芽は包丁でたたいて香りを立たせて大根おろしに混ぜ、ポン酢で味を調えます。揚げたてのイワシに添えると何尾でも食べられます。今夜の晩酌のお供にいかがでしょうか。

(構成/沖村かなみ)

■揚げイワシの木の芽おろし添え
【材料】(2人分) イワシの開き2尾、A(酒大さじ1、醤油小さじ1)、片栗粉大さじ2、サラダ油適量、大根5cm、ポン酢大さじ1、木の芽10枚、大葉1枚

【作り方】(1)イワシの開きを半分に切り、Aに10分ほどつける。(2)(1)の汁気を拭き取り、片栗粉をまぶし、余分な粉を振り落とす。(3)180度に熱したサラダ油で(2)を揚げる。(4)大根をすりおろして刻んだ木の芽を加え、ポン酢で味を調える。(5)器に大葉を敷いて(3)を盛り付け、(4)を添える。

【ワンポイントアドバイス】酒と醤油を合わせ、切ったイワシをつけて味を含ませる。木の芽は包丁で細かくたたくように切ると香りが立つ。

週刊朝日  2021年6月18日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒田民子

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい