「甲子園のスター」清宮幸太郎、吉田輝星が伸び悩む日本ハムの育成力に陰りが見えるワケ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「甲子園のスター」清宮幸太郎、吉田輝星が伸び悩む日本ハムの育成力に陰りが見えるワケ

梅宮昌宗週刊朝日
昨年8月29日の2軍戦に登板した日本ハムの吉田輝星(C)朝日新聞社

昨年8月29日の2軍戦に登板した日本ハムの吉田輝星(C)朝日新聞社

 育成にたけている球団の筆頭格として、評価が高い球団が日本ハムだ。特に高卒で入団した選手の育成能力が高い。ダルビッシュ有(パドレス)は日本にとどまらずメジャーを代表する投手となり、中田翔も打点王を3度獲得するなど不動の4番に。大谷翔平(エンゼルス)を投手と打者の「二刀流」でプレーさせ、類いまれなスーパースターに育てたことは高く評価されてしかるべきだろう。

【写真特集】あの伝説のマネージャーも登場! 増刊『甲子園』の表紙を飾った美少女たち

 日本ハムは西武に次ぐ14人の主力が過去にフリーエージェント(FA)で流出している。片岡篤史、小笠原道大、森本稀哲、小谷野栄一、陽岱鋼、大野奨太、増井浩俊……。他球団とのマネーゲームには参戦せず、選手を育てて勝つスタイルを貫いてきた。

 実際に2006年からの4年間で3度のパ・リーグ優勝。06年オフに主軸の小笠原が巨人に移籍したが、翌07年に優勝した。一人の選手に依存しないチーム作りが強さの源だった。

「選手個々の育成ビジョンを明確にし、フロントと首脳陣が共有して育て上げる。例えば、ファームでは、選手によって『〇打席以上立たせる』、『〇イニング以上投げさせる』と野手は打席数、投手はイニング数を設定する。このメジャー式のシステムを導入したのは、日本球界で日本ハムが先駆けです。有望株の選手たちが順調に成長して主力選手になる姿を見て、他球団もこのメソッドをお手本にしていました」(スポーツ紙遊軍記者)

 ところが、近年はこの「育成の日本ハム」に陰りが見えている。15年以降のドラフトで入団した若手に伸び悩みが目立ち、レギュラー陣の高齢化が進んでいる。フォーカスされるのが清宮幸太郎だ。東京・早稲田実高で史上最多の高校通算111本塁打。高校生最多タイの7球団が競合した逸材は1年目に打率2割、7本塁打とまずまずのスタートを切ったが、その後は度重なる故障もあり、力を発揮できない。昨年は96試合出場で打率1割9分、7本塁打。同期入団で不動の四番に成長したヤクルト・村上宗隆と大きく差をつけられた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい