田原総一朗「病床数世界一でも医療崩壊 大胆な制度改革が必要だ」

ギロン堂

ギロン堂

2021/02/03 07:00

それは、欧米の医療界に比べて、日本では民間病院が非常に多く、民間病院の多くは新型コロナ患者に対応できる医師や看護師がいないために、患者を受け入れることができないのだという。

 日本医師会の中川会長も、そのことを前提にして、「医療崩壊が起きている」と言っているわけだ。

 だが、東京慈恵会医科大の外科統括責任者の大木隆生氏は、外科や人工呼吸器を扱う医師がいる病院ならば、新型コロナ患者にも対応できるという。しかし、民間病院の多くは、新型コロナ患者を受け入れると、それなりの危険性もあり、他の患者たちが嫌がることを恐れて、受け入れを拒否しているのだという。

 日本医師会も会員の多くが民間病院なので、民間病院の拒否反応を前提にしているわけだ。

 米国や欧州の国々は、コロナ禍で思い切って医療制度を改革した。平時は新型コロナのような感染症は少ないので、感染症対応病院は少ない。だが、コロナ禍が拡大したので医療制度を改革して、一般病院が新型コロナに対応できるようにした。ところが、日本では厚生労働省や医師会の反対が強くて、医療制度の改革ができていない。

 日本も思い切って医療制度を改革すべきだ、と大木氏は主張しているのである。

週刊朝日  2021年2月12日号

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超えた。『トランプ大統領で「戦後」は終わる』(角川新書)など著書多数

田原総一朗

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 病床数世界一なのに医療体制すぐ逼迫 原因は「分散」と「高齢化」にあった

    病床数世界一なのに医療体制すぐ逼迫 原因は「分散」と「高齢化」にあった

    AERA

    1/24

    【独自】東京都医師会幹部らの病院でコロナ病床の56%は空床 直撃に「不適切な補助金は返還したい」

    【独自】東京都医師会幹部らの病院でコロナ病床の56%は空床 直撃に「不適切な補助金は返還したい」

    dot.

    9/11

  • 「東大病院がコロナ拠点病院に手を挙げないのか」“病床崩壊”が止まらない

    「東大病院がコロナ拠点病院に手を挙げないのか」“病床崩壊”が止まらない

    週刊朝日

    1/20

    いま病院が危ない! 感染症病床は20年前の約半分に、厚労省は問題を事実上放置

    いま病院が危ない! 感染症病床は20年前の約半分に、厚労省は問題を事実上放置

    週刊朝日

    4/3

  • 田原総一朗「“五輪感染”で揺れるポスト菅。河野氏も野党もなければ…」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「“五輪感染”で揺れるポスト菅。河野氏も野党もなければ…」

    週刊朝日

    7/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す