横尾忠則の中で生き続ける猫のタマ 「生まれ変わったら、また一緒の家族に」

ねこ

2020/12/14 11:32

 猫といると喜びと発見がある。かわいいしぐさ、つぶらな瞳、そして思いもよらぬ不思議な行動。“猫といる”しあわせな生活を経験した人たちを紹介する。美術家の横尾忠則さんにもかつて15年ともに暮らした猫がいた。

あわせて読みたい

  • 坂本美雨、猫のサバ美推定12歳の懐の深さを知る

    坂本美雨、猫のサバ美推定12歳の懐の深さを知る

    週刊朝日

    12/13

    青木さやかの家族に平和をもたらした2匹の保護猫の性格は?

    青木さやかの家族に平和をもたらした2匹の保護猫の性格は?

    週刊朝日

    12/10

  • 個性派俳優・六角精児、猫のひろしくん8歳オスとは絶妙な距離感

    個性派俳優・六角精児、猫のひろしくん8歳オスとは絶妙な距離感

    週刊朝日

    12/12

    5歳の頃の作品から新作まで 横尾忠則の大規模個展の見どころ

    5歳の頃の作品から新作まで 横尾忠則の大規模個展の見どころ

    週刊朝日

    8/1

  • 横尾忠則の心を読める? 愛猫「おでん」がもしも言葉を話したら
    筆者の顔写真

    横尾忠則

    横尾忠則の心を読める? 愛猫「おでん」がもしも言葉を話したら

    週刊朝日

    12/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す