“結婚できない若者”のリアル 直木賞作家・山本文緒が描く

2020/12/05 17:00

 直木賞作家・山本文緒さんが7年ぶりの新刊となる『自転しながら公転する』(新潮社、1800円)を刊行。地方のアパレルショップで契約社員として働く女性のリアルな悩みを描いた。

あわせて読みたい

  • 【「本屋大賞2021」候補作紹介】『自転しながら公転する』――結婚、仕事、親の介護。悩みながらも進む主人公に共感!

    【「本屋大賞2021」候補作紹介】『自転しながら公転する』――結婚、仕事、親の介護。悩みながらも進む主人公に共感!

    BOOKSTAND

    3/18

    小林亜星さんに“向田邦子の魅力”を熱弁…道尾秀介が今でも恥ずかしくなる思い出

    小林亜星さんに“向田邦子の魅力”を熱弁…道尾秀介が今でも恥ずかしくなる思い出

    週刊朝日

    8/27

  • 直木賞作家の“美大受験”物語 予備校講師に「セコい」と感じたワケ
    筆者の顔写真

    黒川博行

    直木賞作家の“美大受験”物語 予備校講師に「セコい」と感じたワケ

    週刊朝日

    3/11

    直木賞作家が60歳で漫画家デビュー 「天邪鬼なのかもしれません」

    直木賞作家が60歳で漫画家デビュー 「天邪鬼なのかもしれません」

    週刊朝日

    6/23

  • なぜ「百歩譲る」ではなく「一歩譲る」? 作家・黒川博行の流儀
    筆者の顔写真

    黒川博行

    なぜ「百歩譲る」ではなく「一歩譲る」? 作家・黒川博行の流儀

    週刊朝日

    4/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す