国民へ「お願い」ではダメ 「帰省前の外出自粛と陰性確認を」呼吸器内科・倉持仁医師 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

国民へ「お願い」ではダメ 「帰省前の外出自粛と陰性確認を」呼吸器内科・倉持仁医師

岩下明日香週刊朝日#新型コロナウイルス
インターパーク 倉持呼吸器内科院長 倉持仁 (c)朝日新聞社

インターパーク 倉持呼吸器内科院長 倉持仁 (c)朝日新聞社

 年末の帰省は、きちんと対策をとった上でという条件付きならば、行うことは可能だと思います。たとえば帰省前の4、5日間は外出を自粛し、検査を受けて陰性を確認してから帰省するなどです。ただ、政府はこれまで無症状感染者への検査を軽視してきました。国民への「お願い」ベースではない踏み込んだ対策をとらない限り、日常を取り戻していくのは難しいのではないでしょうか。

くらもち・じん 1972年、宇都宮市生まれ。青梅市立総合病院、横須賀共済病院、東京医科歯科大学病院呼吸器内科勤務を経て、2008年、倉持病院副院長。15年から現職

(まとめ/本誌・岩下明日香)

週刊朝日  2020年12月11日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい