自決直前、薔薇の花束を抱えて現れた三島由紀夫に美輪明宏さんが聞けなかった「遺言」 【没後50年】

2020/11/25 11:32


 作家の三島由紀夫が謎に満ちた割腹自殺を遂げてから、11月25日で50年が経過する。三島と親交があったシャンソン歌手の美輪明宏さんは週刊朝日2000年12月29日号でのインタビュー記事で、三島との思い出や、悲劇の直前に交わしたやりとりについて語っていた。当時の誌面を再掲する。

あわせて読みたい

  • 小泉今日子はなぜ太宰治のファンで、三島由紀夫をきらいなのか

    小泉今日子はなぜ太宰治のファンで、三島由紀夫をきらいなのか

    dot.

    8/20

    三島由紀夫「老人の作家になりたくない」 瀬戸内寂聴との手紙で明かす

    三島由紀夫「老人の作家になりたくない」 瀬戸内寂聴との手紙で明かす

    週刊朝日

    9/22

  • 瀬戸内寂聴に「手紙は面白いのに小説は下手」 三島由紀夫の思い出語る

    瀬戸内寂聴に「手紙は面白いのに小説は下手」 三島由紀夫の思い出語る

    週刊朝日

    11/10

    「三島由紀夫vs東大全共闘」伝説の討論会 豊島圭介監督が追究した三島の言葉の真意とは

    「三島由紀夫vs東大全共闘」伝説の討論会 豊島圭介監督が追究した三島の言葉の真意とは

    AERA

    3/19

  • 川端康成、三島由紀夫もメッタ切り!止まらない文豪の“毒舌”が素晴らしい

    川端康成、三島由紀夫もメッタ切り!止まらない文豪の“毒舌”が素晴らしい

    dot.

    6/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す