清宮幸太郎と佐々木朗希 1軍帯同は正解だったのか (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

清宮幸太郎と佐々木朗希 1軍帯同は正解だったのか

梅宮昌宗週刊朝日
日本ハムの清宮幸太郎=2月7日 (c)朝日新聞社

日本ハムの清宮幸太郎=2月7日 (c)朝日新聞社

「清宮は性格がのんびりしていると言われているせいか、危機感をあまり感じていないように見受けられます。求められる姿は不動の4番です。現状のように1軍のスタメンで使ったり使わなかったりではなく、2軍でみっちり鍛えて体も心も強くしたほうが彼の将来のためにも良いと思います」

 清宮とケースは違うが、ロッテの新人右腕で最速163キロの佐々木朗希も1軍に1年間帯同した。吉井理人投手コーチの指導の下で体力強化と技術向上に取り組み、1、2軍通じて実戦登板なし。状態が上がっていないため、今月上旬から宮崎で開催されている「フェニックス・リーグ」にも派遣されていない。

「過保護すぎるのでは」と周囲から懸念の声も上がるが、エースとして大きく育てたいという球団の意向があるのだろう。清宮と佐々木は、どのように進化するだろうか。(梅宮昌宗)

週刊朝日  2020年12月4日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい