「5時に夢中!」出演を中尾ミエ「“自分に正直である自分”が一番信頼できる」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「5時に夢中!」出演を中尾ミエ「“自分に正直である自分”が一番信頼できる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地陽子週刊朝日
中尾ミエ(撮影/加藤夏子)

中尾ミエ(撮影/加藤夏子)

映画「感謝離 ずっと一緒に」は、11月6日から全国のイオンシネマほか全国公開(c)2020「感謝離 ずっと一緒に」製作委員会(c)河崎啓一/双葉社

映画「感謝離 ずっと一緒に」は、11月6日から全国のイオンシネマほか全国公開(c)2020「感謝離 ずっと一緒に」製作委員会(c)河崎啓一/双葉社

 映画「感謝離 ずっと一緒に」で尾藤イサオさんとのダブル主演を務めた中尾ミエさん。70歳を過ぎた今、「開き直れた」という年齢への考え方とは。

【前編/取柄は「若さ」と答えて先輩に叱られた頃…中尾ミエが振り返る】より続く

【写真】映画「感謝離 ずっと一緒に」の場面カットはこちら

*  *  *
 2009年4月からは、MXテレビの生放送のニュースバラエティー「5時に夢中!」でもコメンテーターとして活躍している。誰もがSNSで自分の意見や感想を発信できる時代に、コメンテーターとしてずばり物事の核心を突いていくことには、意外とリスクも伴うのではないだろうか。

「私はいいんです、別にどう思われても(笑)。人間誰しも、万人に愛されることは不可能なわけだし、『好かれよう』と思わなければ、何言ったって“気楽”です。意見なんて十人十色なのが当たり前だから、“自分に正直である自分”が一番信頼できますよね。それに、褒められると私、逆に、不安になるんです。自分のいい部分なんて言われなくてもわかってるし、それより、ダメなところを指摘してくれるほうが、『ああ、有り難いな』と思いますね」

 その肩の力の抜けた生き方は、もはや“中尾ミエさんの気楽道”とでも呼びたくなるほど。自分の年齢についても、「いくつだから何をしようという意識は全然ないです」とキッパリ言う。

「私の若い頃は、洋服ひとつとっても、大人が若い世代に、『いい年してそんなカッコして恥ずかしい』みたいな文句をやたらとつけてくる時代でした。でも、私は、若い世代に対してそんなこと全然思わない。今は多様性の時代だから、『何歳だからこうあるべき』というおかしなルールも減ってきているし、いい時代だと思います。ましてや私たちがこの年で、こんなに仕事ができる環境なんだから! 普通ならお役御免で、姥捨山の年齢なのに、ですよ(笑)」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい