「毒親というより依存症の人」 おおたわ史絵が捨てた母親とは

2020/09/18 11:30

 本来は生まれたときから愛情を注がれ、道しるべとなるはずの親が、子どもにとっての“毒”になり、下の世代にも影響する。こんな厄介で皮肉なことはない。総合内科専門医・おおたわ史絵さんもそんな親に悩まされた一人だ。

あわせて読みたい

  • 「毒親」は“いる”のではなく“なる”もの <おおたわ史絵×中野信子対談>

    「毒親」は“いる”のではなく“なる”もの <おおたわ史絵×中野信子対談>

    dot.

    10/5

    おおたわ史絵・中野信子が語る依存症「やめたいんだったら死ぬしかない」と思っていた…

    おおたわ史絵・中野信子が語る依存症「やめたいんだったら死ぬしかない」と思っていた…

    dot.

    10/12

  • 「ダメなら別れる」「理解ではなく納得」目からウロコの結婚観をおおたわ史絵と中野信子が語り尽くす

    「ダメなら別れる」「理解ではなく納得」目からウロコの結婚観をおおたわ史絵と中野信子が語り尽くす

    dot.

    10/19

    おおたわ史絵が「母を捨てよう」と決意したあまりに過酷な瞬間

    おおたわ史絵が「母を捨てよう」と決意したあまりに過酷な瞬間

    dot.

    8/26

  • 医師・おおたわ史絵が、執筆やコメンテーターを必死で続けた理由と家族の崩壊

    医師・おおたわ史絵が、執筆やコメンテーターを必死で続けた理由と家族の崩壊

    dot.

    8/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す