関ジャニ・大倉忠義「色っぽくもあって」と、相手役の成田凌を語る (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関ジャニ・大倉忠義「色っぽくもあって」と、相手役の成田凌を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
「窮鼠はチーズの夢を見る」9月11日(金)からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開 配給:ファントム・フィルム (c)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

「窮鼠はチーズの夢を見る」9月11日(金)からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開 配給:ファントム・フィルム (c)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

 多くの女性に支持されているコミックを原作に、男と男の切ない恋愛模様を描く映画「窮鼠はチーズの夢を見る」に主演する大倉忠義さん。自分を好きになる女性と受け身の恋愛しかしてこなかった主人公、恭一役を繊細に演じる。男同士の恋愛について、また演じることへの思いなどを聞いた。

【写真】大倉忠義さんが週刊朝日の表紙に登場!

*  *  *
──この作品のオファーを受けたとき、率直な感想としていかがでしたか。

 なかなかテレビでやるには難しい内容ですし、やったことのない役に挑戦してみたかったので、恭一役をやらせていただくことにためらいはなかったですね。行定勲監督からお声がけいただいたことも大きかったと思います。丸ちゃん(関ジャニ∞の丸山隆平)が前に行定さんと映画(「円卓こっこ、ひと夏のイマジン」)でお仕事をさせていただいていて。ライブに来ていただくこともありましたし、僕もお仕事をしたかったので。

──相手役となる、恭一を一途に愛する今ヶ瀬渉役を成田凌さんが演じていますが、お二人で役について話し合ったりは?

 撮影が始まる前に一緒に食事に行って多少は話しましたが、そこまで深く掘り下げてはないです。それは監督ともそうで、基本は全部現場で合わせてみて、なんですよね。成田さんは柔らかい空気感を持っていて、色っぽくもあって。今ヶ瀬渉という人間を自然と感じさせてくれたので、僕もすごくお芝居がやりやすかったです。

──恭一は今ヶ瀬と深い仲になる一方で、葛藤を抱える。繊細であり曖昧な心情を表現しなくてはいけない難役だと思いますが、恭一をつかむために何かやったことは?

 原作も含め台本は読み込んで、恭一がどういう心理状態であるがゆえに流されやすいのか自分なりに分析はしました。その準備がどう生きたかはわからないけど……。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい