菅官房長官に意見して“左遷”された元総務官僚が実名告発「役人を押さえつけることがリーダーシップと思っている」

2020/09/10 11:00

 自治体の納税課で働く職員を描いた『ゼイチョー! 納税課第三収納係』(慎結・作、講談社)という漫画をご存知でしょうか。この漫画では、税金を滞納する人に対してどうやって税金を払ってもらうかについて描かれています。

 会社員の方は給料から天引きで税金が引かれているので知らない人が多いのですが、税金の滞納者は生活が苦しい方がほとんど。シングルマザーで水商売をしながら子供を育てている女性など、本当に税金を払えない人がたくさんいます。そういった人に対しても、職員は「今すぐ全額払えなくとも、地域社会の会費なので、必ず払ってもらわなければなりません。分割で払いましょう」などと説得して、日々徴収作業をしているのです。

 その一方で、高額所得者が自分の住んでいる自治体に税金を払わずに、高級肉やカニなどをもらっている。税金とは、国民の財産から現金を無理に納めてもらうという意味で、役人にとって神聖な仕事です。ふるさと納税は、そういった神聖な税制度の根幹を揺るがすものなのです。

 誤解しないでいただきたいのは、私は、ふるさと納税をして返礼品を得ている人を批判しているわけではありません。ふるさと納税は、やった方が経済的合理性があるのですから、高額所得者が返礼品をもらいたいと思うのは当然のことです。問題は、こういう制度をつくってしまったこと。総務省の後輩たちには申し訳ない気持ちです。私としては、もっと別のやり方があったのではないかと、今でも忸怩たる思いです。

──現在、自治体が提供する返礼品は、送料や手数料などの経費を含めて寄付額の5割までに制限されています。一方で、返礼品を紹介するウェブサイトが人気を集めています。

 経費を含めて5割までということは、寄付した人の金額の5割が税収から失われているということです。返礼品を紹介するウェブサイトは、ふるさと納税の金額から15%ほどの手数料を得ていると報道されています。近年ではテレビなどでウェブサイトの広告が出ていますが、これも原資は地方自治体の税収になるはずだった税金です。

NEXT

実名告発をする理由

1 2 3 4 5

あわせて読みたい

  • 室井佑月「もうバカは前に出てくるな!」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「もうバカは前に出てくるな!」

    週刊朝日

    11/3

    野田聖子元総務相「私が総裁候補になれない理由」を赤裸々告白 

    野田聖子元総務相「私が総裁候補になれない理由」を赤裸々告白 

    AERA

    9/8

  • 菅官房長官と同窓、法政大出身の政治家は? 政治家の出身大学ランキング

    菅官房長官と同窓、法政大出身の政治家は? 政治家の出身大学ランキング

    dot.

    9/11

    あれ? ふるさと納税“寄付額”がサイトによって違う! そのからくりは

    あれ? ふるさと納税“寄付額”がサイトによって違う! そのからくりは

    週刊朝日

    2/1

  • ふるさと納税「増量中」 生産者支援制度で豪華返礼品の大盤振る舞い

    ふるさと納税「増量中」 生産者支援制度で豪華返礼品の大盤振る舞い

    AERA

    12/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す