安倍首相と3人の慶應大学病院の主治医 外遊、自宅、スポーツジムにも往診 過去に「真っ赤な血が…」 

2020/08/29 20:15

 安倍晋三首相は持病の潰瘍性大腸炎が6月に再発し、慶應大学病院(東京・新宿)へ8月、検査や治療で通院していた最中、辞任を決断した。現在、慶應病院ではかん箝口令が敷かれているが、病院関係者はこう話す。

あわせて読みたい

  • 【辞任表明】安倍首相の「持病」がんのリスクも 16万人の患者がいる潰瘍性大腸炎とは

    【辞任表明】安倍首相の「持病」がんのリスクも 16万人の患者がいる潰瘍性大腸炎とは

    dot.

    8/28

    安倍首相にかかった「ドクターストップ」 辞任会見で語られなかった“重い健康状態”とは

    安倍首相にかかった「ドクターストップ」 辞任会見で語られなかった“重い健康状態”とは

    dot.

    8/28

  • 辞任の安倍首相 ネット上には意外な声が殺到 つるの剛士のハッシュタグ運動化再来か? 

    辞任の安倍首相 ネット上には意外な声が殺到 つるの剛士のハッシュタグ運動化再来か? 

    dot.

    8/28

    患者数19万人以上 若年層に多い難病とは?

    患者数19万人以上 若年層に多い難病とは?

    週刊朝日

    1/11

  • 「安倍首相の主治医になりたい」慶大医学部で内紛勃発

    「安倍首相の主治医になりたい」慶大医学部で内紛勃発

    週刊朝日

    1/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す