今考える「理想の最期」 小堀鴎一郎×養老孟司「コロナ時代の死に方」

ヘルス

2020/08/18 08:00

 400人以上を看取ってきた訪問診療医・小堀鴎一郎さんと、3千人の死体を観察してきた解剖学者・養老孟司さん。そんな二人ならではの対談集『死を受け入れること 生と死をめぐる対話』(祥伝社)が、話題を呼んでいる。コロナ禍の今、理想の最期について語り合った。

あわせて読みたい

  • 養老孟司「不安と同居するやり方を覚えるのが成熟」コロナ禍の社会で

    養老孟司「不安と同居するやり方を覚えるのが成熟」コロナ禍の社会で

    週刊朝日

    8/18

    「医者ではなく家族が看取る」“在宅死”テーマの映画とは…?

    「医者ではなく家族が看取る」“在宅死”テーマの映画とは…?

    週刊朝日

    10/14

  • タバコは肺がんリスクなし? 養老孟司が禁煙しない理由

    タバコは肺がんリスクなし? 養老孟司が禁煙しない理由

    週刊朝日

    11/16

    「最期は自宅」をかなえるには「リビングウィル」が大事 家族は看取る覚悟を

    「最期は自宅」をかなえるには「リビングウィル」が大事 家族は看取る覚悟を

    週刊朝日

    10/5

  • 養老孟司氏「この国はクラッシュしたほうがいい」

    養老孟司氏「この国はクラッシュしたほうがいい」

    週刊朝日

    10/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す