消える文化センター、ブーム去ってコロナ禍で。作家・下重暁子の憂い (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

消える文化センター、ブーム去ってコロナ禍で。作家・下重暁子の憂い

連載「ときめきは前ぶれもなく」

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『年齢は捨てなさい』ほか多数

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『年齢は捨てなさい』ほか多数

※写真はイメージです(c)Getty Images

※写真はイメージです(c)Getty Images

 林檎というのは鳥や獣や沢山の動物たちが集うからその名がついたと御主人から教えていただいた。

 片山さんの林檎は箱を開けた瞬間から匂い立つものが違う。人々の手がそれだけかかっている証拠だろう。

 息子さんに代を譲って八十九歳の御主人の世話をしながら、彼女は太宰治まなびの家の館長をしたり、カルチャー教室でエッセイを教えながら今を過ごす。ほんとうにいいもの美しいものを知る数少ない女(ひと)だ。

 その彼女の美意識を教える場所がなくなる。残念だ。各地でカルチャーセンターが閉校するのは、一時のカルチャーブームが過ぎたからでもある。生徒が集まりにくいというが、月一回、私が唯一、二十数年続けるNHK青山の「下重暁子のエッセイ教室」には、東京近郊だけでなく鶴岡(山形)、上田(長野)、浜松(静岡)など、遠くからずっと通ってくれる方がいる。男性も多く、年代も職業も様々。密を避けて休講の時も、彼らで始めたメール句会「あかつき」は続いている。

 コロナで文化が失われていくことがなんとも寂しい。

週刊朝日  2020年7月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

下重暁子

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『人間の品性』ほか多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい