原節子の生涯も女性目線で…『女帝 小池百合子』著者の次作は? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

原節子の生涯も女性目線で…『女帝 小池百合子』著者の次作は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
石井妙子(いしい・たえこ)/1969年、神奈川県生まれ。白百合女子大学卒、同大学院修士課程修了。5年にわたる綿密な取材をもとに『おそめ』を発表。伝説的な銀座マダムの生涯を浮き彫りにした同書は高い評価を受け、新潮ドキュメント賞、講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞の最終候補となった。『原節子の真実』(新潮社)で新潮ドキュメント賞を受賞。他の著書に『日本の血脈』(文春文庫)、『満映とわたし』(岸富美子との共著/文藝春秋)、『日本の天井 時代を変えた「第一号」の女たち』(KADOKAWA)など。新刊『女帝 小池百合子』(文藝春秋)は20万部を超えるベストセラーに。(撮影/小山幸佑)

石井妙子(いしい・たえこ)/1969年、神奈川県生まれ。白百合女子大学卒、同大学院修士課程修了。5年にわたる綿密な取材をもとに『おそめ』を発表。伝説的な銀座マダムの生涯を浮き彫りにした同書は高い評価を受け、新潮ドキュメント賞、講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞の最終候補となった。『原節子の真実』(新潮社)で新潮ドキュメント賞を受賞。他の著書に『日本の血脈』(文春文庫)、『満映とわたし』(岸富美子との共著/文藝春秋)、『日本の天井 時代を変えた「第一号」の女たち』(KADOKAWA)など。新刊『女帝 小池百合子』(文藝春秋)は20万部を超えるベストセラーに。(撮影/小山幸佑)

石井妙子さん(左)と林真理子さん (撮影/小山幸佑)

石井妙子さん(左)と林真理子さん (撮影/小山幸佑)

 ノンフィクション『女帝 小池百合子』が20万部超えの大ヒット。過去にも『おそめ』『原節子の真実』で高い評価を得ている著者の石井妙子さん。作家の林真理子さんがノンフィクションの現状や次回作などについて話を聞きました。

「小池さん的な人」とは 『女帝』著者が語る「スキルより容姿」時代の弊害】より続く

【林真理子さんとのツーショット写真はこちら】

*  *  *
林:ノンフィクションって、取材にすごいお金と時間がかかってすごく大変だと思うんです。私が講談社エッセイ賞の選考委員で授賞式のとき、ノンフィクション賞の受賞者の人が、「『月刊現代』がなくなってからノンフィクションにお金を出してくれるところがなくなって、今ほんとにつらいです」みたいなことを切々とおっしゃっていました。作家だとそんなに売れていなくても、出版社はある程度手厚くしてくれるのに、ノンフィクションの人には「自分で取材してきて」みたいな感じで、そこが不思議だなと思う。

石井:ノンフィクションも、もうちょっと手厚い支援体制にしてくれたら、もっといい作品が出てくるだろうと思うんです。今は「ノンフィクションは売れない」というのが合言葉みたいになってしまって、逆に「売れないのはいい本だからだ」みたいになっちゃってるんですよね(笑)。でも今回、この本が売れてくれたことで、各社がノンフィクションにも力を入れようと思ってくれたらいいなと思うんです。この本がコケちゃったら、ノンフィクションをやっている方々に迷惑をかけるなと思って、それが心配だったんですけど。

林:今回、石井さんのほかの本もあらためて読み返したら、すごくおもしろかったです。最初のご著書の『おそめ』も、水商売も時代とともに新旧交代があるんだということがくっきり描かれててすごくおもしろかったし、『原節子の真実』も、あんなに自分を律する人だとは思わなかったので、目からウロコでした。

石井:ありがとうございます。それまで原節子の本はたくさん出てるんですけど、すべて男性の執筆者で、原節子ファンとか映画の研究者の方たちなんです。映画の役を演じている原節子のイメージに引きずられて、本人と混ぜこぜになっちゃうんですね。私はあくまで「原節子」という女優として一時期を生きた會田昌江(本名)の一生を書くつもりで取り組んだんです。それでああいう作品になったんですが、原節子ファンのおじさまというかおじいさまからは、「そんなこと知りたくなかった」という声をずいぶんいただいて(笑)。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい