NHK朝ドラ「エール」スピンオフの“幽霊”に鋭い指摘 そのワケは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

NHK朝ドラ「エール」スピンオフの“幽霊”に鋭い指摘 そのワケは?

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ#ドラマ
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

イラスト/カトリーヌあやこ

イラスト/カトリーヌあやこ

 幽霊はいきなりやって来る。人とのしがらみも関係なく、遠方だってすぐ駆けつける。出し入れ自由の便利な存在、それが朝ドラ幽霊だ。そして幽霊はいつも生きている者にやさしい。

 今回の安隆も娘・音に「俺は音の歌が大好きだ。また絶対歌いんよ」と告げ、妻・光子(薬師丸ひろ子)とダンスを踊り、作家志望の末娘・梅(森七菜)に温かなエールを送り消えていく。

 たとえ死んでも、幽霊は家族を見守っている。「ナレ死(死ぬシーンが描かれることなくナレーションのみで語られること)」なんて言葉があるけど、そもそも朝ドラって死んだばあちゃんや母さんがナレーションしてるからね。朝ドラとあの世は地続きなのだ。

 ところで安隆の幽霊。頭に三角の布&白装束の正統派「うらめしや」仕様だったけど、たしかクリスチャンだったよね。教会通ってたよね。どこをどう間違えてYOUは閻魔(えんま)様のいるこちらのあの世へ? え? まさかの隠れキリシタン?

週刊朝日  2020年7月3日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

カトリーヌあやこ

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい