コロナ禍で敵視?「無菌であることがからだに良いわけではない」と腸内細菌の研究者

ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

2020/06/22 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「人と細菌の関係」について。

あわせて読みたい

  • 「腸内細菌『県民ショー』やりたい」と研究者 ご長寿地域と菌の関係も発見

    「腸内細菌『県民ショー』やりたい」と研究者 ご長寿地域と菌の関係も発見

    AERA

    1/25

    肉ばかり食べると、うんちが小さくなり、くさくなる理由

    肉ばかり食べると、うんちが小さくなり、くさくなる理由

    週刊朝日

    5/11

  • 「カゼに抗生物質」で「悪夢の細菌」が生まれた?

    「カゼに抗生物質」で「悪夢の細菌」が生まれた?

    週刊朝日

    3/28

    「免疫力を上げる」は疑うべき? 現役医師が注意を促す宣伝文句
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「免疫力を上げる」は疑うべき? 現役医師が注意を促す宣伝文句

    dot.

    1/17

  • 腸と脳は密接に関係 「腸内環境」改善が認知症予防につながる可能性
    筆者の顔写真

    帯津良一

    腸と脳は密接に関係 「腸内環境」改善が認知症予防につながる可能性

    週刊朝日

    4/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す