土屋太鳳の姉でミス・ジャパンの炎伽さんがバッシングされる理由 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

土屋太鳳の姉でミス・ジャパンの炎伽さんがバッシングされる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
梅宮昌宗週刊朝日

 女優・土屋太鳳の姉で「ミス・ジャパン2019」グランプリの土屋炎伽(ほのか)さんの振る舞いに、ネット上で批判の声が上がっている。

【写真】やっぱり妹似? 審査員の目をくぎ付けにした笑顔はこちら

 炎伽さんは明治大学国際日本学部卒業で、最近はクイズ番組にも出演している。3月30日放送のフジテレビ系「ネプリーグSP」にゲスト出演したが、数学の「サイン・コサイン・タンジェント」を1人だけ間違えたり、神奈川県の県庁所在地は横浜でないと回答したりするなど、簡単な問題で不正解を連発。「名門大美女軍団」の一人として出演していただけに、完全に浮いてしまった。

 間違えた後も笑顔が目立ったことが、視聴者の反感を買ったのだろう。炎伽さんのインスタグラムには、

「明治大学の名前は出さないで欲しい。苦手ならクイズ番組に出ないで下さい」

「出演されているクイズ番組、いくつか見たことあります。クイズ番組を好きで見ているのに、盛り上がりに水を指すような感じなので出ていただきたくないです」

 など苦言の書き込みが多数寄せられた。

 炎伽さんは4月3日に自身のインスタグラムを更新。

「クイズが苦手なのになぜ出るのかと疑問に思う方も多いと思いますが、ミスジャパンの活動としても番組に呼んでいただけることは本当にありがたく、苦手意識はあったものの、逃げずに挑戦する姿が届けばと気持ちを切り替え、出演させていただきました。回答出来なくてもチームを盛り上げることを意識をしてみたけれど、空回りでした。挑戦してみたものの、自分が思っていなかった方向にいってしまった。母校やミスジャパンの価値を誤解されてしまう状況を作ってしまいました。恩ある人たちや場所に失礼になってしまうかもしれない。思い描く女性像も自ら遠ざけてしまっていて、とても悩んでいる日々です」

 と反省と共に自身の立ち位置で苦悩する胸中を打ち明けた。そして、こうつづった。

「いま一度、何のために挑戦してきたかを思い出し、アドバイスはいただきつつも、何事も自分らしく取り組んでいきたいと思います。全てにおいて要領が悪く、徹夜で覚えたり考えたりしなければ取り組めないスピードの遅さはありますが、恩あるスポーツや応援の精神を生かすためにも、頑張ってまいりたいと思います。あと二つクイズ番組の収録がありますが、どちらもまずは真剣に取り組みたいと思い、臨みましたので、見守っていただけたらと思います」

 炎伽さんは2019年6月にミスジャパンのグランプリを受賞した際も、

「土屋太鳳の姉だから選ばれた」

 と非難の声が多かった。本人がインスタグラムで書いたようにクイズは苦手かもしれない。ただ、今後の頑張り次第では世間の評価も大きく変わる。この試練を乗り越えられるか。(梅宮昌宗)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい