阪神をコロナ蔓延から救った藤浪の“嗅覚” 他球団は戦々恐々 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

阪神をコロナ蔓延から救った藤浪の“嗅覚” 他球団は戦々恐々

このエントリーをはてなブックマークに追加
コロナウイルス感染がわかった阪神の藤浪選手(C) 朝日新聞社

コロナウイルス感染がわかった阪神の藤浪選手(C) 朝日新聞社

「とんでもないことになりましたわ。野球どころではありませんよ」

 こう話すのは、阪神タイガースの中堅選手。阪神は、3月27日、藤浪晋太郎投手(25)、長坂拳弥選手(25)、伊藤隼太選手(30)の3選手に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを公表した。

 最初に新型コロナウイルスの可能性を訴えていたのが長坂選手だ。

 3月18日に発熱があり練習を休んで、受診。肺炎の症状はなく、しばらく静養した後、24日から練習に参加。だが、食事の際、味や匂いが感じられないと申告があった。藤浪投手は3月21日から、伊藤選手は22日から味や匂いを感じられないとの訴えがあった。

 藤浪投手は発熱などはなく、複数の医療機関にかかったところ、PCR検査が必要だと診断された。受けた結果、26日に新型コロナウイルスの感染が判明した。伊藤、長坂選手も陽性反応がみられ、3人とも病院に
入院となった。

 3人は3月14日に一緒に食事をしていたという。

「3人以外に選手が4人、外部の人が5人、12人がいた。そこが感染経路なのかはわからない」(球団関係者)

 最初にコロナ感染を疑ったのが、藤浪投手だったという。メジャーリーグで、味覚やにおいがわからない選手がいたことを知り、球団に申し出たのだという。

「藤浪投手は『なんか変なんだ』とか言っていた。まさかコロナで陽性とは思ってもいなかった。だが、メジャーでそういう選手がいることを調べていたそうです。藤浪投手が球団に申し出たことで、早く対応ができたと思う。今、球団はてんやわんや。二軍の鳴尾浜球場に甲子園球場、球団事務所と関係先を一斉に消毒している。みんな自宅待機になった。練習もなくなりました。3人と接触があった選手は濃厚接触者として自宅待機になっている。球団は騒然としていますね」(前出・阪神の選手)

 困惑しているのは、阪神だけではない。他球団の選手の一人はこう話す。

「球団から、藤浪投手はじめ3人の選手と接触があったかと聞かれました。藤浪投手や伊藤選手とは、練習試合の時に話しましたね。握手はしなかったが、喋った距離は近かった。うちの球団は新型コロナウイルスが流行しはじめてから外出禁止でした。けど阪神、外出禁止は出ていなかった。それが感染につながったのかもしれない。藤浪投手が悪いわけじゃないけど、困ったものです。外出禁止なので練習以外は散歩するくらいで、家にいます。家族も心配になりますね…」

 球界への影響が心配される。(本誌取材班)

※週刊朝日オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい