関電の3億6千万円の裏金問題 「工事で不正はあった」と報告書 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関電の3億6千万円の裏金問題 「工事で不正はあった」と報告書

今西憲之週刊朝日
会見する第三者委員会の但木委員長 (撮影/今西憲之)

会見する第三者委員会の但木委員長 (撮影/今西憲之)

報告書 (撮影/今西憲之)

報告書 (撮影/今西憲之)

 第三者委員会が実施した、削除されたデジタルデータなどを復元するデジタルフォレンジックにより、原子力事業本部の事業本部長代理が300万円を受領したと思われるような資料が発見された。

「また、調査の過程で関電の倉庫から『貴重品扱 高浜 森山氏から会社預り品ロレックス時計2個』と記載されたメモと所有者不明のロレックスの2個の時計が発見された」(同)

 関電の社内調査が不十分だったことは明らかだ。

 森山氏から高額な金品を受け取っていた豊松秀己元副社長。取締役を退任した後も月給490万円を受領。その中に金沢国税局の税務調査で不正が発覚し、追加納税した補填が含まれていた。

「八木前会長、岩根前社長ら幹部が話し合って補填を決めた。けしからんことだ」(同)

 重大なコンプライアンス違反で会社法などに抵触する可能性もあるという。

 そして、森山氏から受け取った金品を使ってしまった人物がいたことも報告書で明らかになった。

「森山氏の問題を疑問視する人もいたが、経営者に解決する姿勢がなかった。これまで関電は森山氏の関係で工事発注に不正はないとしていたが、当委員会では不正があったと判断している」(同)

(今西憲之)

週刊朝日  2020年3月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい