勝間和代が変わった! ユーチューブ出演、家事本出版のなぜ? (1/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

勝間和代が変わった! ユーチューブ出演、家事本出版のなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
勝間和代(かつま・かずよ)/1968年、東京都生まれ。早稲田大学ファイナンスMBA、慶応大学商学部卒業。当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得、大学在学中から監査法人に勤務。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。現在、株式会社監査と分析取締役、中央大学ビジネススクール客員教授として活躍中。2005年、ウォールストリート・ジャーナル「世界の最も注目すべき女性50人」に選出。06年、史上最年少でエイボン女性大賞など。新刊『ラクして おいしく、太らない! 勝間式超ロジカル料理』(アチーブメント出版)発売中 (撮影/写真部・小山幸佑)

勝間和代(かつま・かずよ)/1968年、東京都生まれ。早稲田大学ファイナンスMBA、慶応大学商学部卒業。当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得、大学在学中から監査法人に勤務。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。現在、株式会社監査と分析取締役、中央大学ビジネススクール客員教授として活躍中。2005年、ウォールストリート・ジャーナル「世界の最も注目すべき女性50人」に選出。06年、史上最年少でエイボン女性大賞など。新刊『ラクして おいしく、太らない! 勝間式超ロジカル料理』(アチーブメント出版)発売中 (撮影/写真部・小山幸佑)

勝間和代さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・小山幸佑)

勝間和代さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・小山幸佑)

 家事術や料理などの本を連発している勝間和代さん。昨年から活動の主軸をユーチューブに据え、ネット上で「カツマー」(勝間さんに憧れる女性)を生み出しています。ここ最近は、同性との交際、破局を公表し、プライベートでも多くの注目を集めました。10年来の付き合いである作家の林真理子さんが、勝間さんの今に迫ります。

【写真】林真理子さんとのツーショットはこちら

*  *  *
林:勝間さんには、10年ほど前にこのページに出ていただいたんですよね。

勝間:そうです。あのとき「エンジン」(エンジン01文化戦略会議=文化人のボランティア団体)に誘っていただいたんです。

林:そうしたら入ってくださって、そのあと重要メンバーになって、私は幹事長をやってますけど、いまや副幹事長になっていただき大活躍。ほんとにありがとうございます。

勝間:こちらこそ誘っていただいてありがとうございます。

林:今年は5月に岐阜でオープンカレッジを行いますけど、勝間さん、LGBT(性的マイノリティー)のことをちゃんとお話ししてくださるんですよね。お相手の方(LGBT活動家の増原裕子氏)との悲しいお別れのあとだから、ふつうだったら「あんまり話したくないことがあるからやめます」と言うと思うんだけど、ぜんぜんブレずに「この問題をきちんとやりましょう」と言って、ほんとにすごいなと思って。

勝間:私はある意味恵まれていて、LGBTというのは私の属性の一つであって、自分の中心課題として解決しようと思ってこなかったんですね。ところが、その問題ですごく困っている人たちがいるということが最近わかってきたので、余裕があるなら一緒に解決したほうがいいんじゃないか、ということなんです。

林:あのあとちょっと元気なかったから、みんなが「勝間さんってあんなにカワイイ人だったんだね」と言ってたんですよ。恋に悩んだり悲しんだりする勝間さんって想像できなかったから。

勝間:アハハハ。私、文化人類学とか、人間がどうやって進化してきたかとか、人間を動物とみなしたときにどういう恋愛をするか、どういう生殖法をするか、みたいな本を読むのが好きなんですけど、ハンサムな男性って実は婚姻相手とか配偶者に向いてないって知ってます?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい