“新型コロナ不況”が世界に拡散 株価の大幅下落や企業の倒産も (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“新型コロナ不況”が世界に拡散 株価の大幅下落や企業の倒産も

このエントリーをはてなブックマークに追加
小島清利週刊朝日#新型コロナウイルス
(c)朝日新聞社

(c)朝日新聞社

 新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済への悪影響の拡散が本格化してきた。南米ブラジルでも感染者が見つかり、感染が確認された国・地域が世界の五大陸に広がった。これまで影響が小さかった米国でも警戒感が強まっている。

 発端は、発生源の中国・武漢やその周辺での経済活動の停止に伴う影響だ。製造業のサプライチェーン(供給網)が寸断されたことや、渡航の禁止による観光産業への打撃が世界経済を揺さぶった。

 日本でも、世界の工場であり、大消費地でもある中国経済の失速が、中国と取引のある企業を苦しめている。また、中国を中心としたインバウンド(訪日外国人観光客)需要を当て込んだビジネスは大きな打撃を受けた。

 東京商工リサーチは「新型コロナウイルスに関するアンケート」と題して2月7~16日、国内企業にインターネットで緊急調査を実施した。

 それによると、有効回答1万2348社のうち、8207社(66.4%)が、「すでに影響が出ている」「今後影響が出る可能性がある」と回答した。

 東京商工リサーチ情報部の原田三寛部長は指摘する。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい