東京高検の黒川検事長の定年延長問題 検事正の乱「国民からの信頼が損なわれる」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京高検の黒川検事長の定年延長問題 検事正の乱「国民からの信頼が損なわれる」

週刊朝日
稲田伸夫・検事総長(左)と森雅子法相=2020年2月19日、東京・霞が関の法務省(C)朝日新聞社

稲田伸夫・検事総長(左)と森雅子法相=2020年2月19日、東京・霞が関の法務省(C)朝日新聞社

東京高検の黒川弘務検事長(C)朝日新聞社

東京高検の黒川弘務検事長(C)朝日新聞社

「神村氏は昔からすごく真面目で正義感が強い。黒川氏の定年延長は、めちゃくちゃですよ。検察内部でも定年延長を批判する意見を言う人は多々います。今回の検察長官会同で、黒川氏批判の意見を述べたことは、神村氏らしい。黙ってられなかったのだと思いました。神村氏の言ったように、検察の信頼が失われているのは事実ですよ。そういう意見に検察は耳を傾けてほしいと思いますね。それと同時に、意見した神村氏が左遷されたりしないようにと願うばかりです」

 安倍官邸が関与した黒川検事長の定年延長が検察の統率を崩し始めているようだ。(本誌取材班)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい