夏帆「すべて捨てる」恋に憧れ…妻夫木聡を相手に官能的な女を演じ (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夏帆「すべて捨てる」恋に憧れ…妻夫木聡を相手に官能的な女を演じ

このエントリーをはてなブックマークに追加
夏帆(かほ)/1991年、東京都生まれ。初主演映画「天然コケッコー」(2007年)で日本アカデミー賞新人俳優賞ほか多数の新人賞を受賞。「海街diary」(15年)で、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。近年の主な出演映画に「友罪」(18年)、「きばいやんせ!私」「ブルーアワーにぶっ飛ばす」(19年)などがある。最新出演映画「Red」(原作:島本理生)が2月21日、全国で公開。 (撮影/写真部・掛祥葉子)

夏帆(かほ)/1991年、東京都生まれ。初主演映画「天然コケッコー」(2007年)で日本アカデミー賞新人俳優賞ほか多数の新人賞を受賞。「海街diary」(15年)で、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。近年の主な出演映画に「友罪」(18年)、「きばいやんせ!私」「ブルーアワーにぶっ飛ばす」(19年)などがある。最新出演映画「Red」(原作:島本理生)が2月21日、全国で公開。 (撮影/写真部・掛祥葉子)

夏帆さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・掛祥葉子)

夏帆さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・掛祥葉子)

 人気女優、夏帆さんは妻夫木聡さん演じる元恋人との10年ぶりの再会で、“禁断の愛”に溺れる役を体当たりで演じたばかり。作家・林真理子さんとの対談で“女”トークに花が咲きました。

【林真理子さんとのツーショット写真はこちら】

*  *  *
林:夏帆さん、今度の映画(「Red」2月21日全国公開)でヒロインの塔子をなさってますけど、夏帆さんのこれからの女優人生が決まるような大役で、すごく難しい役だったんじゃないですか。

夏帆:すごく難しかったです。

林:いろんな顔を見せなきゃいけないわけで、いい奥さんの顔、いいお母さんの顔……。

夏帆:“女”の顔……。

林:官能的な顔も見せなきゃいけないし、強い女の顔も見せなきゃいけないしね。裕福な夫と可愛い子どもがいて、誰もが羨むような暮らしをしているはずだったのが、10年ぶりにかつて愛した男と再会したことで、ちょっとずつ歯車が狂っていくんですよね。過去と今が交錯しながら、男女の物語が進んでいって……。

夏帆:はい。これまでに演じたことがないようなチャレンジが多かったです。試行錯誤しながら演じました。

林:私がイメージしてる夏帆さんにいちばん近いのは、会社の同僚の小鷹さん(柄本佑)と自転車に乗ってるところですよ。どの男の人といるときよりも伸び伸びしてて、可愛い顔して、素のままの夏帆さんという感じでした。

夏帆:あのシーンが唯一、素に近かったかもしれないですね。

林:お相手の鞍田さん(妻夫木聡)って素敵だけど、女の人のエネルギーを吸い取っちゃう感じがあるじゃないですか。小鷹さんみたいな人がいちばん幸せにしてくれるのかもしれないなと思った。

夏帆:私も、脚本を読んだときも演じてたときもそう思ってました。ただ、鞍田さんにはあらがえない何かがあって……。

林:目の前に鞍田さんみたいな男の人がいたら、そりゃ魅力的だと思いますよ。しかもあの眼差しで見つめられたら、女の人はひきつけられちゃいますよね。

夏帆:あんな人が目の前にいたら、もうしょうがないですよね。私も演じながら、しょうがないよなこれは、みたいな感じで(笑)。

林:再会の仕方も劇的だし、エロチックでした。塔子さんって、ふつうの奥さんのように見えるけど、心の中に非常に熱いものを秘めている人だなということが、あの再会のシーンでわかりますよね。フランス映画っぽくて素敵でした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい