3閣僚がコロナ対策会議より私的会合優先 岩田健太郎医師の告発に副大臣が反発ツイート (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3閣僚がコロナ対策会議より私的会合優先 岩田健太郎医師の告発に副大臣が反発ツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
多田敏男、池田正史週刊朝日
横浜港に停泊している大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号。乗客の下船が始まっている  (c)朝日新聞社

横浜港に停泊している大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号。乗客の下船が始まっている  (c)朝日新聞社

衆院予算委員会で答弁する小泉進次郎環境相 (c)朝日新聞社

衆院予算委員会で答弁する小泉進次郎環境相 (c)朝日新聞社

衆院予算委員会で答弁する森雅子法相 (c)朝日新聞社

衆院予算委員会で答弁する森雅子法相 (c)朝日新聞社

クルーズ船の感染症対策の問題点を指摘する岩田健太郎・神戸大教授のツイッター

クルーズ船の感染症対策の問題点を指摘する岩田健太郎・神戸大教授のツイッター

 新型コロナウイルスへの政府の対応を巡り批判が相次いでいる。小泉進次郎環境相と森雅子法相、萩生田光一文部科学相が、対策会議より私的な会合を優先させていたことが、国会の審議で発覚。多数の乗客が感染した大型クルーズ船についても、専門家が問題点をネットで告発した。

【写真】クルーズ船の感染症対策の問題点を指摘する岩田さん

 政府は適切な対応をとっているとPRに必死だが、国内の感染者は増え続けており、信頼回復は難しそうだ。

 政府の第10回新型コロナウイルス感染症対策本部の会議が、2月16日(日曜日)に首相官邸であった。小泉環境相は欠席し、環境政務官が代理で出席した。小泉環境相は、地元の神奈川横須賀市であった後援会の新年会に出席していた。

 このことを2月18日の衆院予算委員会で質問されたが、「危機管理は万全だった」などと繰り返し、明確に謝罪することはなかった。

 2月19日の同委員会で改めて事実関係を質問され、お酒が出る新年会に出ていたことを認めた。小泉環境相は野党側からの追及を受け、次のように事実上の謝罪に追い込まれた。

「地元の会合への出席は問題であるとの指摘については、真摯(しんし)に受け止め反省しています」

 さらに同委員会では、森法相も対策本部の会議を欠席し、法務政務官を代理出席させていたことがわかった。森法相は地元の福島県いわき市であった書道展の会合に出席していた。私的な会合を優先していたことについて、当日の対応は万全を期していたとしつつ、次のように述べた。

「今回の指摘を真摯に受け止め反省しています」

 法務省は出入国管理を担当しており、新型コロナウイルスへの対応が問われていた。森法相は出席していない会議の写真を自身のツイッターにアップし、「本日、第10回新型コロナウイルス対策会議が開催されました」と書き込んでいた。これには野党議員も、重要な会議が軽視されているのではないかと厳しく追及していた。

 萩生田文科相も、会議を欠席し副大臣が代理出席した経緯を同委員会で質問された。地元の消防団長の叙勲の祝賀会に出ていたとして、こう答弁した。

「政務と公務どっちが大事なのかという指摘があれば、そこは真摯に受け止めたい」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい