今年の有望株はこの男! 丸山茂樹が推す“すごい飛距離”の若手とは (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年の有望株はこの男! 丸山茂樹が推す“すごい飛距離”の若手とは

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

スケールの大きさが星野の魅力です (c)朝日新聞社

スケールの大きさが星野の魅力です (c)朝日新聞社

 まだまだ粗削りな部分があって、絶対的な強さにたどり着くにはいろんなことを改善していかなくちゃならないんでしょうけど、ものすごく素質のある有望株の一人だと思います。

 まずはすごい飛距離ですね。去年はドライビング・ディスタンスが300.30ヤードで12位でした。そこからガンガン狙っていったとき、カバーできるアプローチ、パットがうまくいくようになってくればいいのかなと。あとは強弱ですかね。ずっと思いっきりじゃなくて、力の入れ方に関して7割、8割、9割、フルスイングっていう4段階ぐらいの分け方ができてくると、すごくいいのかなと思います。

 身長が186センチあるから、76キロの体重はまだ5キロぐらい増やしてもいいんじゃないですか? 安定感が出てくるし、パワーももっと出てくるはずですよ。「僕はこれで勝負します」と言えるほど自信のあるものができたら、ワールドクラスのプレーができるようになると思います。

週刊朝日  2020年2月21日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい