荒牧慶彦「やめられないんです」“2.5次元俳優”のやりがい 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

荒牧慶彦「やめられないんです」“2.5次元俳優”のやりがい

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡かすみ週刊朝日
荒牧慶彦(あらまき よしひこ)/1990年、東京都生まれ。2012年にミュージカル「テニスの王子様」2nd seasonで本格的に俳優デビュー。舞台「刀剣乱舞」山姥切国広役、ミュージカル「薄桜鬼」沖田総司役、「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」朔間凛月役、MANKAI STAGE「A3!」月岡紬役、日本テレビ「貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-」寿希也役などで出演。映画、ドラマなどの映像作品への出演やアニメ、ゲームの声優としても活動。息抜きは、ゲームの時間。 [COVER STAFF 撮影/木村哲夫、スタイリング/宇都宮春男(YKP)、ヘアメイク/鈴木りさ、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力 anglasad、avis、masterkey]

荒牧慶彦(あらまき よしひこ)/1990年、東京都生まれ。2012年にミュージカル「テニスの王子様」2nd seasonで本格的に俳優デビュー。舞台「刀剣乱舞」山姥切国広役、ミュージカル「薄桜鬼」沖田総司役、「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」朔間凛月役、MANKAI STAGE「A3!」月岡紬役、日本テレビ「貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-」寿希也役などで出演。映画、ドラマなどの映像作品への出演やアニメ、ゲームの声優としても活動。息抜きは、ゲームの時間。 [COVER STAFF 撮影/木村哲夫、スタイリング/宇都宮春男(YKP)、ヘアメイク/鈴木りさ、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力 anglasad、avis、masterkey]

 まるで少女漫画から抜け出してきたような端正な顔立ちに、すらっとした体つき。アニメや漫画などのキャラクターを演じる“2.5次元俳優”のトップを走る。ここだけの今の彼を撮り下ろした。

【写真特集】クール~あまーい表情まで…荒牧慶彦の撮り下ろしグラビアをもっと見る(8枚)

*  *  *
 アニメや漫画などを原作にした“2.5次元舞台”を代表する俳優、荒牧慶彦さん。出演する舞台のチケットは軒並み完売と、飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

「1~2週間のまとまった休みがあったら、不安でしょうがない。捨てられたのかなと思っちゃいます(笑)」

 幼い頃から、ゲーム、アニメ、漫画が大好き。キャラクターになりきった“ごっこ遊び”に熱中する子どもだった。

「今の仕事も、その延長線上なんです」

 熱狂的なファンを持つ作品のキャラクターになりきる難しさは、ついて回る。難しいだけに、やりがいもひとしおだ。

「お客さんが息をのむ瞬間の空気とか、涙ぐんではなをすすっている音……。それらで感情がぐっと左右される。互いに共鳴し合って進化していく様を毎回見ているので、やめられないんです」

 事務所から独立し、フリーランスとして活動し始めて約1年。自分で仕事を掴み、がむしゃらに向き合う日々だ。

「独立して、やらなきゃいけないことは圧倒的に増えたけど、その分やりがいがある。今は、人間・荒牧が、俳優・荒牧について考えている感じです」

 昨今は舞台にとどまらず、ドラマやバラエティー番組など、活躍の幅を広げる。モチベーションは、ファンの喜ぶ姿だ。

「求められることに真摯に向き合って、それが実を結べばいいなと思います」

(本誌・松岡かすみ)

週刊朝日  2020年2月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい