筒井康隆が考える理想的な“老い”「死の恐怖や苦痛から逃れようとすれば、ボケなきゃ仕方がない」

林真理子

2020/01/26 08:00

 85歳を迎え、新作『老人の美学』(新潮新書)を刊行した文学界の巨匠・筒井康隆さん。情報化社会の本質と大衆の愚かしさを鋭く穿ち、フィクションへと昇華させ続けてきました。作家の林真理子さんと行った対談では、パリッと着こなしたスーツ姿で、テンポ良く関西弁で語る筒井さんに、老いることとは、書き続けることとは……など、マリコさんも聞きたいことが山ほどあって──。

あわせて読みたい

  • 筒井康隆と林真理子が“作家として困ること”で共感 その中身は?

    筒井康隆と林真理子が“作家として困ること”で共感 その中身は?

    週刊朝日

    1/26

    小松左京は「親分肌でロマンチスト」 盟友・筒井康隆が明かす素顔

    小松左京は「親分肌でロマンチスト」 盟友・筒井康隆が明かす素顔

    週刊朝日

    8/2

  • 作家・朝井リョウ「10年、20年続けるのは厳しい」と悩みを告白

    作家・朝井リョウ「10年、20年続けるのは厳しい」と悩みを告白

    週刊朝日

    9/5

    米騒動は富山の“黒歴史”? 室井滋「出しゃばらない、我慢する」県民性

    米騒動は富山の“黒歴史”? 室井滋「出しゃばらない、我慢する」県民性

    週刊朝日

    1/17

  • ハワイには行かない! 中井貴一流お正月の過ごし方

    ハワイには行かない! 中井貴一流お正月の過ごし方

    週刊朝日

    1/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す