「多剤服用」でうつや認知症の副作用も…それでも減薬が難しいワケ

2020/01/21 08:00

 症状を改善するために飲んでいるはずの薬も、量や種類が多すぎると副作用の危険が高まる。代謝機能が衰える高齢者ではなおさらだ。多剤服用が原因で認知症のような症状を示す場合もある。薬を減らして症状が改善したケースを取材した。身に覚えのある方は、医師に相談してみよう。

あわせて読みたい

  • これを忘れるとヤバい…「もの忘れ」と「認知症」の境界線とは?

    これを忘れるとヤバい…「もの忘れ」と「認知症」の境界線とは?

    週刊朝日

    8/3

    こんな症状が出たら要注意! 脳梗塞の4つのサインを見逃すな!

    こんな症状が出たら要注意! 脳梗塞の4つのサインを見逃すな!

    週刊朝日

    12/7

  • 「減薬」で認知症が改善!? 高齢者施設で薬が減らせぬ“三つの壁”

    「減薬」で認知症が改善!? 高齢者施設で薬が減らせぬ“三つの壁”

    週刊朝日

    2/16

    6剤以上でリスク増大 「多剤処方」はやっぱり問題だ!

    6剤以上でリスク増大 「多剤処方」はやっぱり問題だ!

    週刊朝日

    7/18

  • 認知症と“間違いやすい”2つの疾患とは? 市販の風邪薬で起こる場合も

    認知症と“間違いやすい”2つの疾患とは? 市販の風邪薬で起こる場合も

    週刊朝日

    12/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す