五木寛之と大竹しのぶが語る“原動力”「他力は自力の母」 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

五木寛之と大竹しのぶが語る“原動力”「他力は自力の母」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
[左から]大竹しのぶ(おおたけ・しのぶ)1957年、東京都生まれ。73年、芸能界デビュー。75年、映画「青春の門」にヒロイン織江役で出演。ラネーフスカヤ夫人を演じる、シス・カンパニー公演 KERA meets CHEKHOV「桜の園」は2020年4月に上演/五木寛之(いつき・ひろゆき)1932年、福岡県生まれ。戦後朝鮮半島から引き揚げる。早稲田大学ロシア文学科中退。『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、『青春の門』で吉川英治文学賞を受賞。最新刊は『新 青春の門 第九部 漂流篇』 (撮影/写真部・加藤夏子)

[左から]大竹しのぶ(おおたけ・しのぶ)1957年、東京都生まれ。73年、芸能界デビュー。75年、映画「青春の門」にヒロイン織江役で出演。ラネーフスカヤ夫人を演じる、シス・カンパニー公演 KERA meets CHEKHOV「桜の園」は2020年4月に上演/五木寛之(いつき・ひろゆき)1932年、福岡県生まれ。戦後朝鮮半島から引き揚げる。早稲田大学ロシア文学科中退。『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、『青春の門』で吉川英治文学賞を受賞。最新刊は『新 青春の門 第九部 漂流篇』 (撮影/写真部・加藤夏子)

五木寛之さん(左)と大竹しのぶさん (撮影/写真部・加藤夏子)

五木寛之さん(左)と大竹しのぶさん (撮影/写真部・加藤夏子)

大竹:四十数年経った今も、『青春の門』を書いていらっしゃる。すごいと思います。ただ最新刊の『新 青春の門』で「信介しゃん」はまだ20代ですよね。年を取らないのは、ちょっとずるいかも。

五木:たしかに(笑)。書き始めたころは現代小説のつもりだったけれど、今はもう時代小説ですから(笑)。でも昭和という時代をしっかり書き残しておきたい気持ちで続けてるんだけど。

大竹:書く意欲、気力はどうやって?

五木:うーん、どうなんだろうね。ひとつの仕事ができるときというのは、自分のがんばりだけじゃできないと思いません? 時代の風とか、読者の好奇心とか、こっちの体力とか。そういう六つも七つもある要素が、奇跡的にスパークしたときに仕事がはじまるんで。僕はそれを冗談に他力とか言ってるんですけど。舞台でも同じじゃないのかな。

大竹:でも他力があっても自力がないと、別にいいやってなってしまいません?

五木:むかし石原慎太郎さんと対談したときに、宮本武蔵の話になりましてね。彼が決闘に行く途中で神社の前を通りかかったというんです。で、手を合わせようとして、はたと気づいた。「そうやって神仏の力に依存するというのは、すでに負けたも同然。ここは自力だ」と。他に依存してはいけないと思い直して決闘に挑み、勝ったじゃないか、と。

大竹:なるほどなるほど。

五木:僕はそう言われて困ったけど、一応、抵抗してね。自力でなきゃダメだと気づかせたものこそ他力の声。その他力の声に動かされて、自力で闘って勝った。だから、他力は自力の母なんだと。石原さんは「またキミはそんなこと言って人を騙す」って笑っていましたけど(笑)。

大竹:私は本物のギリシャ神話と、ギリシャ神話を元にした近代演劇「喪服の似合うエレクトラ」の両方をやったときのことを思い出しました。同じストーリーなのに、神がいない時代が舞台になった「喪服の似合うエレクトラ」のほうが、演じていてすごく苦しかったんですよね。

五木:ほう。神々がいないときのほうが苦しい、と。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい