100人の顔)石破茂(62)自民党元幹事長「総裁選で選択肢を示す必要がある」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

100人の顔)石破茂(62)自民党元幹事長「総裁選で選択肢を示す必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日
石破茂氏

石破茂氏

2020年の顔 1/2 (週刊朝日2020年1月3-10日合併号より)

2020年の顔 1/2 (週刊朝日2020年1月3-10日合併号より)

2020年の顔 2/2 (週刊朝日2020年1月3-10日合併号より)

2020年の顔 2/2 (週刊朝日2020年1月3-10日合併号より)

 次の自民党総裁選への出馬について、石破茂氏はこう胸の内を語った。

【編集部注目の「2020年の顔」をもっと見る】

「大平正芳先生も、小渕恵三先生も、総理在任中に病に倒れ、亡くなった。総理というのは間違いなく命を削る。総理になった瞬間はうれしいかもしれないが、その後はつらくて苦しいことばかりだと思いますね。人間としての幸せを願えば、ならない方がいいのでしょう。だけど、安倍総理の後も誰かがやらなきゃいけない。私は今、当選11期。防衛相や農水相、党の役職を務め、私はやりません、とは言えない立場。少なくとも、党員の前で選択肢を示す必要はあると思っています」

 石破氏は、2018年9月の自民党総裁選にも立候補。安倍首相との一騎打ちで、党員・党友票では約45%を獲得するという激戦を演じた。もし石破政権が誕生したらまず何をするか。

「国会は、議員が少ない政党の意見も採り入れ、より多くの国民の納得を得るためにある。少数意見も尊重しながら、政府の政策を進めるやり方を確立したいです」

 12月に新聞社やテレビ局が行った世論調査で「次の総理大臣にもっともふさわしいのは誰か」という質問では軒並み1位だった。

「世論調査の結果で一喜一憂しても意味はありませんが、自民党の政治家で、顔と名前がある程度一致して、それなりに意見を報道してもらっている存在だ、ということではあるのでしょう。私は現政権に対しても、批判のための批判をしているわけではありません。自民党はちゃんとしているよねって、国民から思ってもらいたいんです」

 たとえば、「桜を見る会」の数々の疑惑について、党内ではほとんど批判は出なかったという。

「なるべく触れないように、という雰囲気はあったかもしれません。本来は、これはおかしい、直していこう、という自浄作用が必要なんです。野党の指摘を待つのではなく、党内からの声で直していくというのが望ましい。それが党への信頼になるんです」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい