年始こそ立てよう「死の計画」 吉村作治&玉村豊男のプランは?

2020/01/02 11:30

 万人にいずれ必ずやってくる「死」だが、向き合い方は人それぞれ。それこそ、究極に個性が出るものなのかもしれない。「どうせ死ぬなら、自分らしく、悔いなく逝こうぜ!」。その精神で明るく朗らかに死と向き合う、2人の70代に迫った。

あわせて読みたい

  • エジプト考古学者・吉村作治 東大に「落としてくれてありがとう」

    エジプト考古学者・吉村作治 東大に「落としてくれてありがとう」

    週刊朝日

    8/3

    「熱燗をちびちびやりながら…」吉村作治が愛する浅草の名店

    「熱燗をちびちびやりながら…」吉村作治が愛する浅草の名店

    週刊朝日

    2/17

  • 東大、早大に入りやすい時代に? 親も唸る受験生の「合格最優先」志向

    東大、早大に入りやすい時代に? 親も唸る受験生の「合格最優先」志向

    週刊朝日

    1/25

    日本ワインがおいしくなったこれだけの理由

    日本ワインがおいしくなったこれだけの理由

    AERA

    11/27

  • 一生借金生活でもイケイケ 玉村豊男の“移住学校”に集まる人

    一生借金生活でもイケイケ 玉村豊男の“移住学校”に集まる人

    週刊朝日

    8/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す