2020年に50歳に…中山美穂「私生活も役に没頭した10代の頃」

2019/12/28 11:30

中山美穂(なかやま・みほ)/1970年生まれ。東京都出身。85年、ドラマ・CDデビュー。同年、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。2016年には「魔術」で初舞台。現在、高田漣プロデュースによる約20年ぶりのアルバム「Neuf Neuf」が発売中。20年3月1日には中野サンプラザで、3月7日にはLINE CUBE SHIBUYAでコンサートを開催。 [撮影/片山菜緒子(写真部)ヘアメイク/石田絵里子 スタイリスト/高木かなえ 衣装協力/ブチェラッティ(和光)]
中山美穂(なかやま・みほ)/1970年生まれ。東京都出身。85年、ドラマ・CDデビュー。同年、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。2016年には「魔術」で初舞台。現在、高田漣プロデュースによる約20年ぶりのアルバム「Neuf Neuf」が発売中。20年3月1日には中野サンプラザで、3月7日にはLINE CUBE SHIBUYAでコンサートを開催。 [撮影/片山菜緒子(写真部)ヘアメイク/石田絵里子 スタイリスト/高木かなえ 衣装協力/ブチェラッティ(和光)]
中山美穂 [撮影/片山菜緒子(写真部)ヘアメイク/石田絵里子 スタイリスト/高木かなえ 衣装協力/ブチェラッティ(和光)]
中山美穂 [撮影/片山菜緒子(写真部)ヘアメイク/石田絵里子 スタイリスト/高木かなえ 衣装協力/ブチェラッティ(和光)]

 気になる人物の1週間に着目する「この人の1週間」。2020年でデビュー35周年。女優として精力的に活動しながら、歌手としての活動も再開させた。演じる時は、求められることに全力で応え、音楽では、自分自身のやりたいことにこだわりバランスを取る。中山美穂さんのエネルギーの源泉とは?

【中山美穂さんの写真をもっと見る】

*  *  *
 2020年の3月1日で50歳になる。女優というのは、実年齢を積極的に言いたがらない印象があるが、彼女の話を聞いていると、どうも50歳になる自分を面白がっているように感じられる。20年にデビュー35周年を迎えるにあたり、約20年ぶりにアルバムをリリースするなど、女優以外の仕事が活発化してきたことも関係しているのかもしれない。

「年齢を重ねてからのほうが、気持ちはシンプルに、スッキリしてきているかもしれないです。いろんなこだわりが削がれて、鎧を外していけているのかな……。一つ、何か豊かな部分を見つけられたら、その代わりに何かを手放していける。どんなつらいことがあっても、人前では自然に笑っていられるような、そんな芯の部分にあるブレない何かが太くなっているように思います。それは、人の3周分ぐらいの人生を経験しちゃった気になっているせいなのかも(笑)。いろんなことを乗り越えてきた私だから、何があってもきっと大丈夫、って思うんです」

 最新アルバムのタイトルは、「Neuf Neuf」。“新しい”という意味のフランス語を「“ヌフヌフ”っていう語感が面白いなと思って(笑)」二つ重ねた。そこには、デビュー曲「C」のリカバーも収録されている。

「作詞が松本隆さん、作曲が筒美京平さんで、今歌っても、全く古さを感じなかった。当時は、背伸びした気分で歌っていたせいか、今のほうが、言葉が自分の中にスッと入ってくる、新曲のような感覚がありました。デビュー当時は、忙しいからといって、つらいと思ったこともなかったし、仕事に対する不安も不満もなかったです。ただただ無我夢中でした。だから、懐かしいという感覚すらないんです」

1 2 3 4 5

あわせて読みたい

  • 「鬼平」は転機の作品 梶芽衣子“おまさ”役に「運命を感じた」

    「鬼平」は転機の作品 梶芽衣子“おまさ”役に「運命を感じた」

    週刊朝日

    2/6

    「人と会うのがイヤ」だった頃 安藤政信、人生の転機語る

    「人と会うのがイヤ」だった頃 安藤政信、人生の転機語る

    週刊朝日

    9/10

  • 「早世した兄の分まで…」芸能生活50周年・高橋惠子の原動力

    「早世した兄の分まで…」芸能生活50周年・高橋惠子の原動力

    週刊朝日

    1/13

    “意外にアツい”吉岡里帆 演劇に目覚め、直談判→門前払いの過去

    “意外にアツい”吉岡里帆 演劇に目覚め、直談判→門前払いの過去

    週刊朝日

    10/14

  • 市原隼人、33歳まで給与明細を確認せず…“芝居バカ”すぎるその理由

    市原隼人、33歳まで給与明細を確認せず…“芝居バカ”すぎるその理由

    週刊朝日

    3/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す