2020年に50歳に…中山美穂「私生活も役に没頭した10代の頃」

2019/12/28 11:30

 歌手と女優。二つの活動が、わずか15歳にして、順調に回りはじめた。ただ、女優として役を演じる時、役に対するアプローチの仕方は、今と30年前とでは随分違うと、中山さんは振り返る。

「今は、演じている時と、日常生活の切り替えが、きっちりできるようになったんですが、昔は、役のキャラクターを普段の生活にまで引きずっちゃうことがよくありました。とにかくその人物になり切ることが演じることだって思っていたのかもしれないですね。だから、役の衣装を借りてきて、普段もそれを着て過ごしたりとか(笑)。違うお仕事をしている時に、無意識のうちに役の言葉遣いが出てしまったこともしょっちゅうでした」

 20歳を過ぎる頃には、「無我夢中」時代よりも少し余裕ができて、自分を客観視できるようになったせいだろうか、与えられる役のイメージと、自分自身との乖離に、苦しむようになった。そんな時、彼女の芯の部分にある個性を解放できたのが音楽だった。シングル曲は、タイアップが多かったこともあり、日本を代表する作家陣からの提供を受けていたが、その一方、弱冠22歳で、セルフプロデュースしたアルバムをリリースしている。

「よく、私の音楽好きを知っている友達からは、『美穂ちゃんって、パンクだよね』って言われるんですが(笑)、音楽をやっている時は、無条件で解放される自分がいます。特にライブは、ひとりで大勢のお客さんを前に歌うわけですけど、こちらからは、みなさんの笑顔が見える。あの空気は、ライブでしか味わえないものなので……。私、音楽って、世界に、絶対になくちゃいけないものだと思うんです。『音楽に救われた』とか、そんなに大袈裟なものじゃなくても、川のせせらぎとか、風の音、鳥のさえずりや波の音、自然の中にある音も音楽の一部だと思うというか……。だから私は、音楽に関わることで、世界に必要不可欠な要素の一部になれることが喜びなんです」

 アルバムをリリースできるようになった経緯もまた、彼女のいい意味での音楽への執着心やいい意味でのクレイジーさが、周囲を動かしたことが大きかった。

1 2 3 4 5

あわせて読みたい

  • 「鬼平」は転機の作品 梶芽衣子“おまさ”役に「運命を感じた」

    「鬼平」は転機の作品 梶芽衣子“おまさ”役に「運命を感じた」

    週刊朝日

    2/6

    「人と会うのがイヤ」だった頃 安藤政信、人生の転機語る

    「人と会うのがイヤ」だった頃 安藤政信、人生の転機語る

    週刊朝日

    9/10

  • 「早世した兄の分まで…」芸能生活50周年・高橋惠子の原動力

    「早世した兄の分まで…」芸能生活50周年・高橋惠子の原動力

    週刊朝日

    1/13

    “意外にアツい”吉岡里帆 演劇に目覚め、直談判→門前払いの過去

    “意外にアツい”吉岡里帆 演劇に目覚め、直談判→門前払いの過去

    週刊朝日

    10/14

  • 市原隼人、33歳まで給与明細を確認せず…“芝居バカ”すぎるその理由

    市原隼人、33歳まで給与明細を確認せず…“芝居バカ”すぎるその理由

    週刊朝日

    3/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す