渋野日向子のプレーを初観戦! 丸山茂樹の感想は? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

渋野日向子のプレーを初観戦! 丸山茂樹の感想は?

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

全力で賞金女王を争った同士、いい笑顔ですね (c)朝日新聞社

全力で賞金女王を争った同士、いい笑顔ですね (c)朝日新聞社

 国内女子ツアーの最終戦「LPGAツアー選手権リコーカップ」(11月28日~12月1日、宮崎CC)の結果、鈴木愛さん(25)が2年ぶり2度目の賞金女王に輝きました!

【賞金女王に輝いた鈴木愛選手と渋野日向子選手の写真はこちら】

 終盤の何試合かのゴルフは、誰にも賞金女王を渡さないという彼女の意地が出てましたよ。ああいうふうに最終日のゴルフで結果に出せて渋野日向子さん(21)にプレッシャーを与えたし、鈴木さんとしてはもう、思い通りだったんじゃないですかね? それができるというのもすごいことですね。自分たちはどう思ってるかは分からないですけど、世間的にはライバル同士というかね、デッドヒートを見せてくれて、ゴルフファンはむちゃくちゃ面白かったんじゃないですかね。

 実は最終日に急きょ宮崎まで行ってきたんですよ。一回も渋野さんのプレーをこの目で見たことがなかったんで。何ホールかだけついて回りました。

 1番ホールのティーショットを見た感じでは気持ちのいい、歯切れのいいショットで出ていきました。しっかりと振り抜くいいスイングだなと思いました。

 2位タイで優勝できなくて、逆転での賞金女王はなりませんでした。まあ、いいんじゃないですか? 今年一年ですべてのものを手に入れてしまうと、モチベーションを維持するのも難しくなると思いますんで、また来年に向けていいモチベーションができて、高い目標ができて、「絶対に賞金女王をとる」っていうね、そういう気持ちでやれたらいいんじゃないかと思いますけどね。

 8月に全英女子オープンで優勝して、人生が変わりましたよね。目まぐるしい日々だったと思うんですけど、大きな期待に押しつぶされることなく自分の地位をきちんと確保できて、すごいことをしてるなあと思いますよ。立派だなあ。

「しぶこフィーバー」のおかげで、女子ツアーの観客総動員数は去年より12万人も増えて68万人を超えたんですってね。60万人を超えたのが10年ぶりっていうから、すごいパワーですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい